t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 庁舎建設の財政効果の疑問

・先日、庁舎建設の費用につき「情報公開請求」の結果、珍しく「公開」戴き、資料を入手することが出来ましたので、ご案内したいと思います。 (*内容は一部重複…。より深くご理解戴きたいためです。ご容赦下さい ) ---庁舎建設の過去の説明---☆--- ・かつて…

住民監査 - 施政のあり方を考える Ⅱ

● 今回は、特に「財政面」に絞って考えてみたいと思います。 ・不可解は、施政は説明責任を果たされない事です。行政と議会で決めれば良い。「大家族」には、決まったことだけ伝えれば、それで済むとお考えは強引では…? ---民間分院への補助漬け問題---☆--- …

住民監査 - 施政のあり方を考える

・施政のあり方を考える上で、どのようなシカケで運営なのかを、知る事は重要事項。 ・今回、そのシカケにつき、ようやくたどり着いた、素人市民の稚拙な意見見解を、ご披露させて頂きたいと思います。 ---施政のシカケの原点---☆--- ● 戦国時代に終止符を打…

ハコモノ建設 - 高小建設現場の残酷な実態!

・1月第4週は「ごみ袋有料化」の説明会のようです。市民意見を発信の時です。 ⇒なかなか、ご発言は難しいとは思いますが沈黙は承認です。せめてご参加のご検討を! ---ハコモノ現場の実態---☆--- ● 久々に、ハコモノ建設の現場を確認したいと思います。 ・市H…

住民監査 - ごみ減量 ごみ袋有料化の疑問 Ⅱ

● 突然の「ごみ袋有料化」問題。目的は「可燃ごみの減量化」 ⇒ しかし「ごみ袋有料化」≒「ごみ減量」とは、余りにも短絡的なお考えでは…? ・「金銭負担して、ごみ出し」だから「市が処分は当然」と、逆に、増える可能性も… ---環境情報の発信!---☆--- ・今や…

住民監査 - ごみ減量 ごみ袋有料化の疑問 ? 

・今月の市広報(1/15号)の配布を受け、広報-P.16に「ごみ減量説明会」の見出しに気づきました。 ・「ごみ袋」の無償配布を全面廃止し、全有料化へ切替えのため説明会を各学区ごとの公民館にて開催されるというものです。 ・それとなく聞いてはいましたが、そ…

住民監査 - やっぱり不可解な庁舎建設費 Ⅱ

・「庁舎建設費」の内訳額で気になった項目をご案内します。 ⇒ 狭小リース庁舎-20年-33億円内訳です。血税の使途の中味です。 ・お役所の相場は、常識を超えています。皆さんは、いかが、お感じになりますか? ---庁舎建設整備-内訳---☆--- (*合計-21.2億…

住民監査 - やっぱり不可解な庁舎建設費

・先回は、施設を長寿命化では無く、更新のため、施設利用率を作為的な操作が行われている可能性が高いと指摘させて頂きました。 ● 今回は、昨年から検討している「庁舎⁻建設費」に関する「契約書」を「情報公開」にて申請し入手しましたので、その妥当性を…

住民監査 - ハコモノ利用率【コマ】数の矛盾

●「公共施設あり方計画」に記載の施設利用率の実績を表す単位として使用される【コマ】数に疑問や、疑惑が湧いてきました。 ● 結論から言うと…、 ・「利用率を低くするよう「コマ」を「1時間単位」とされた可能性があるのでは…?」 ⇒ 他の自治体では「午前・…

住民監査 - ハコモノ【コマ】数とは

・自治体により【コマ】数の考え方は様々な設定をとられるようです。 ・市に聞きました。高浜は「【コマ】⇒ 1面(部屋)×1時間=1コマ」とされているそう。 ご参考までに【コマ】の意味をご案内させて頂きます。 ---【コマ】数の試算方法 ---☆--- ・「碧海グラ…

住民監査 - ハコモノ 利用率の矛盾

・貴重な公共施設の改廃処置も「行政と議会で決める」と強行されていますが、不可解な点を抽出したいと思います。 ⇒ 今回は「ハコモノ」の改廃の目安となる「利用率(稼働率)」について検討してみます。 ●「公共施設マネジメント」として「公共施設のあり方」…

住民監査 - ハコモノ縮充の矛盾

・再度、「ハコモノ」建設の「縮充」につき、確認したいと思います。 ● 自治体の「ハコモノ」計画は「市民参画の協働作業」が、あるべき進め方です。 ⇒ 高浜は「行政と議会で決める」と強行は、「市民不在」「市民無視!」… ・結果、「借金」だけ市民に押し付…

住民監査 - ハコモノ建設の要件

・自治体の「ハコモノ」計画は「財政削減」が施政として最重要の取り組み課題です。 ・人口減少・高齢化・経済成長の停滞等より、歳入縮減傾向になると予測されてます。 ⇒ よって、現代の施政課題は、如何に「財源備蓄」するかがカギのようです。 ・ところが…

謹賀新年    - まちづくりの目標

あけましておめでとうございます ・改めて、今年も「より良い、まちづくり」を目指して、施政動向につき、監視力を強め、その実態を、皆様と情報共有を図って参りたいと思います。 ・そして、この小さな活動が、施政改善のための情報源としてお役に立てれば…

住民監査 - まちづくり をふりかえる 

●「ハコモノ」問題で「施政」の重要さを知りました。それまでは「施政」は行政と議員さんに任せておけば、最善の策をもって運用されていると信じ切っていたのです。 ⇒ その信頼感は「中央公民館」の早期解体(築36年)で、裏切られました。 ● 続いて、強行され…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 (碧海町を考える)

・『災』- 先日、インドネシアで「津波」発生! まだまだ災いは続きそうです。 ・地震防災マップを改めて開き、やはり「高浜 - 碧海町」の深刻さは問題です。 ⇒「地震災害の被災想定域」であり、市は緊急的な対策を講ずべきでは…? ・同時に、同町は意外に多く…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅹ (まち協-2)

・ハコモノ管理という視点からみれば「まち協(プラザ)」と「公民館」を分離分割には、適正・適切さは疑問です。これこそ「縮充」があるべき形態と思われます。 ・再度、利用率を確認してみます。 ---まち協施設「ふれあいプラザ」---☆--- (*再掲) ● 市内の各…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅸ (まち協)

・何度も申し上げているように、高浜の公共施設計画の方針は「縮充 (複合化) 」です。 ・財政効率を上げるため、公共施設は「単機能」から「多機能」に転換が、根本的な方針とされています。 ・ところが、この根本方針に矛盾、かつ、疑問に思うのは、下記の…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅷ (庁舎Q&A-2)

・そもそも事業計画の当初から「狭小リース建設」を前提計画が不可解です。 - 経緯経過も根拠も不明な「リース建設」前提は、闇(ヤミ)のハコモノ計画です。 ・今回は、前回に引き続き「庁舎整備事業-Q&A」につき検証してまいります。 (*この市の説明資料は、…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅷ (庁舎Q&A) 

・市は、説明責任の方法として市HPに庁舎整備事業の「Q&A」を掲載されてます。 [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業について ・今回は、この説明内容の信憑性につき、再確認したいと思います。 ■ 作成時期 : 市が作成掲載の、このQ&Aは事業開始時点のものです…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅶ (狭小リース庁舎)

・何度も、申し上げていますが「ハコモノ」は巨額の血税を投入となります。 ・よって、施政は「丁寧」な説明と、公共施設を大切にする長寿命化は責務では…? ⇒ 実態は、中央公民館をはじめ、旧庁舎・青少年ホーム等、全て40年程度で早期解体! ・更なる疑問は…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅵ (高齢福祉施設)

・かつて高浜は「福祉のまち」として名を馳せた時代もあったとか…。しかし、現在では、他市も、福祉政策に注力され、結局、高浜に残ったのは「高額な介護保険料」かと思います。県下、名古屋市に次いで「二位」に位置する高額とか…。 ・しかし、その高額さが…

住民監査 – ハコモノ計画の疑問 Ⅴ (かわら美術館)

・「ハコモノ」は魔物です。市民感覚では考えられない血税投入が行われています。 ● 今回、その「かわら美術館」を再確認したいと思います。 ----------------------------☆--- ・かわら美術館は、国内唯一「瓦」展示施設として、産業支援も含め建設されまし…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅳ (施設計画)  

・「大家族たかはま」の「まちづくり」は、「市民」が主体者であるべきです。 ・行政や議会は、この「大家族」の思いや願いを実現するのが、与えられたご使命と考えます。 ⇒ しかし実態は「市民不在」としか思えない、施政強行は残念でしかありません。 ---…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅲ (ふれあいプラザ)

● かねがね不思議に思うのは「まちづくり協議会」の組織と施設です。 ・同協議会の役員さんや会員さんは、町内会役員の経験者が大半を占め、結果、平均年齢は「65才超」の高齢者組織となっているのではないでしょうか? ・活動内容は、地域起しのイベント行事…

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅱ (こども園) 

・市HPにも情報少なく、極めて粗雑なブログをご了承戴きたいと思います。 ■「高取幼稚園」と「高取保育園」の「民営・認定こども園」について ---「こども園」の建設---☆--- ・現在「高取保育園」の隣地の駐車場跡地に建設工事が進められています。 ・幼稚園…

住民監査 – ハコモノ計画の疑問

・『思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま』と宣言されて久しく、真の実現が待たれます。 ● ここ数年、中央公民館・旧庁舎・勤労青少年ホーム等々、まだ、まだ利用できる公共施設「築40年程度」の鉄筋コンクリート造のハコモノを次々と、財政効…

住民監査 - ICT によるまちづくりの実態

・市庁舎の「狭小リース」建設は、今でも納得出来ない疑問ばかりのハコモノです。 この「ハコモノ」の狭小化の理由は 確か「AI・ICT 導入」による合理化と思います。 ⇒ しかし、例えば「ICT - 公衆無線LAN」も未だに導入されていないのは疑問…? ---情報通…

住民監査 - 12月議会の不可解 Ⅲ

・中日新聞・12月 5日、西三河版・p.14 - 議会だより「高浜市」には驚きました。 ● 待機児童対策・10月1日現在 -「待機児童数 - 40名!」・(0才-19名) + (1才-21名) ・これを吉浜幼稚園の空室改修で、来年6月から小規模保育事業を開始の記事でした。 ⇒ 待機…

住民監査 - 12月議会の不可解 Ⅱ 

・青少年ホームの残土処理につき、黒川議員が丁寧に全容の問題点を追求されました。 その質疑応答のなか、市民感覚で納得出来ないことを列記してみました。 ---青少年ホーム残土処理工事---☆--- ● 紙入札のため、概要不明ですが「残土約4千㎥」を3年間掛けて…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸