t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 中央公民館-商工会への過剰補償事件 Ⅱ (二枚舌)  

● どういう理由原因か、前号のブログは、抹消されてしまいました。続報を掲載させて頂きます … ●「高浜」は、知れば知るほど、実に嘆かわしい "まちづくり" を強行は "市民を裏切り" の証しで残念 … ・今回も「商工会館」を含め「中央公民館」- 早期解体問題…

住民監査 - 国民健康保険税の疑問

● 6月議会にて「国民健康保険税」が値上げ可決されたとか …。 ・制度や仕組み等について全く存じませんが、疑問を感じ、ご参考までにご案内します。 ⇒ この改定は、どうも、毎年、見直される制度のようです … ● この制度の税額は「国」ではなく「各市町村」…

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (学校) Ⅵ-教室

●「学校」こそ街の未来を託す「人」づくりの施設であり教育機能や教育設備の充実があり方と思います ・その施設対象は「教室」の機能充実 - このため、当然、教室の広さは余裕の確保が優先課題です。 ⇒「明治時代」から延々と継承されている「64㎡」からの…

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (学校) Ⅴ-教室

●「学校」こそ、施政の最も注力すべき公共施設であり「人」づくりの形成機能の充実が必要と思います ・果たして「高浜の児童生徒」は、近隣市のなかで最高の教育環境となっているのでしょうか …? ・このような視点から「小学校」を再確認してみたいと思いま…

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (施設) Ⅳ-学校

● 「学校」という聖域を舞台に、とんでもない浪費が繰り返されていることに「警鐘」を発します ⇒「高小-倍額-50億円」「学校エアコン-札束付-9億円」次に今回のテーマ「大規模改修-77億円計画」 ・「財政削減」と虚言を吹聴し、実態は「巨額」の浪費 - 市…

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (入札) Ⅲ-空調

● 「空調工事」の価格は「ピンキリ」で、良心的で、地域で営業が長い会社を選ぶのが正解の道では … ⇒「学校エアコン」の工事屋さんの選定方法も疑問です。これ程の「高額工事」を容認は失政です ● 実は「みよし市」の学校エアコンの「最安値」の工事額は驚き…

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (入札) Ⅱ-空調

● 当時を思い出せば、異常気象を受けて、周辺市は「学校エアコン」の設置を次々と決定発表の連続 … ・「高浜」は、なぜか未定 - 「保護者」らの嘆願署名等の採用活動後に、渋々、決定という経緯でした ⇒「コロナ」の今夏、ようやく「酷暑」を回避した学習環…

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (入札)

● 施政に少し関心を寄せ始めて以来、常々、不信感を持つのは「血税」が有効-利活用されているのか …? ・最近の最たる浪費は「民間分院 - 60億円補助」で、市全体の財政運営にも弊害となっています (*「60億円」- 市年間予算-「170億円」の 35%にも相…

コロナ禍の公共施設の動向

● 「高浜-公共施設総合管理計画」は、ただ疑問しかありません。 ・先人が建設の「施設」をことごとく早期解体は「痕跡抹消」としか思えません。真に破壊のまちづくり ・今回は「高浜市-碧海町」にある「公共施設」を確認したいと思います ⇒ 明日にも起こるか…

「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」 Ⅴ (教育医療)

● 今回は「生活ガイド.com」-「高浜 - 教育医療と住宅」について全国ランクを確認したいと思います [検索] : 高浜市の【生活・公共料金】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com --- 「教育」---☆--- ・全国ランクで、「高浜」が低迷と思われる項目を…

「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」 Ⅳ (文化)

● 高浜施政のあり方は疑問の連続です ・「コロナ対策」も県をはじめ他市は「第二弾」「第三弾」の段階です。 ところが、高浜は「第一弾」 をようやく、議会通過の段階のような気がしますが勘違いでしょうか …? ⇒ 初めて体験した「緊急宣言」の耐え忍びの生活…

コロナ禍の避難所のあり方

● 先日も記載しましたが「高浜-防災」の対応は市民の安全安心をどのようにお考えなのでしょう ・コロナ禍の避難所につき『今までの避難数であれば十分なスペースがとれる』 ・『避難者が多くなった時は小中学校の教室を開放する』と回答されたとか … ⇒ 「避…

「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」 Ⅲ (生活)

● 今回は「生活ガイド.com」-「高浜-生活」について市民感覚からの意見を述べたいと思います [検索] : 高浜市の【生活・公共料金】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com --- 「生活」---☆--- ・全国ランクで、低迷と思われる項目を確認しました。 …

「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」 Ⅱ (産業)

● 今回は「生活ガイド.com」-「高浜-産業」について市民感覚からの意見を述べたいと思います --- 「産業」---☆--- ・全国ランクで、低迷と思われる項目を確認しました。 産業 実態 815市区 (備考) 小売販売額 680千円/人 743位 飲食店数 25店/万人 762 事業…

「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」

● 従来の疑問は「公共施設」でした。しばらく「市民生活-全般」にわたり検討を進めたいと思います ⇒ 高浜の「何を」改善すれば、「ちょっと」から、更に「いいまち」と成るのか? 改善課題の抽出です ● 念のため「施設面積」は、人口規模-同等の「市」では「…

住民自治 - 総会 - お詫び (有料)

・6月28日 (日) 14時~ 住民自治-総会を吉浜公民館にて開催予定です ⇒ ご参加入場は、案内の通り「一口-500円」を頂く事となりました (*「500円」は、年会費です。一年間 - 市民ニュース等を配布や訴訟活動に活用させて戴きます ) お詫びと共に、改めてご案…

住民監査 - 学校エアコン - 倍額発注の不可解?

●「高小-倍額-50億円」建設も浪費と思われますが「学校エアコン」も不可解な浪費の工事・・・ ⇒ 実態は、実に「ずさん」- 血税を湯水の如く、浪費の実態は、まさにキリギリス … 裏切りです ● 最近の夏の異常気象を受け、高浜もようやく「学校エアコン」が導…

住民監査 - 高小-体育館の空調-換気だけ?

● 最近の夏の気温の高さは異常ですね。後手後手の高浜もようやく「学校エアコン」が導入されました。 ・これで「熱中症対策」は一段落かと思いきや、更に、「コロナ対応」のため、「空調システム」への 要求機能は、より高度化 -「温度制御」と「換気制御」…

高浜の住民自治をめざす会 - 総会のご案内

・巷の噂では「最近、安倍政権は迷走状態」の声も … これに同調してか「高浜-施政」も疑問とか … 「高浜の住民自治をめざす会」は、コロナ禍でのびのびとなっていた総会を下記のように開催予定です ・「総会」 - 「6月28日 (日) 14時~ 吉浜公民館にて…

住民監査 - ウソ説明の「まちづくり」Ⅱ (庁舎)

● 「高浜」の "まちづくり" の問題は「異常に強引」過ぎることです ⇒ その強引建設の裏は「ウソー説明」で強行されているのです ・典型的な例が「市庁舎」の費用説明もやはり「ウソ」でした。 (*再掲) ・残念ながら、現在、この資料は改ざん隠ぺいされ確認で…

住民監査 - ウソ説明の「まちづくり」

● 「高浜」の "まちづくり" の問題は「異常に強引」過ぎることです ・たまたま「市HP」-「沿革」を見ていて、ようやく、その理由、仕掛けに気付きました ● 昭和45年-「市制施行」- 昭和50年代以降の「公共施設」を恨みを晴らすが如く連続解体の凶行の異常 ⇒ …

住民監査 - 自衛消防隊のすすめ

・改めて「大地震」に対処すべき「あり方」につき、情報収集を試み「自衛消防隊」を提案します ● 「大地震」に対して、最悪の事態に備えることが防災対策ではないでしょうか … 楽観視は禁物かも … ・まだ、昨日の事のようにも思える「阪神淡路大震災」は、も…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅷ (暴走-3) 

● 「国 (総務省)」の方針として「職員-削減」の方向性は打ち出されていたようです。 ・しかし「全国-最下位」は、限度を超えているように思われます - 施政施策の低落ぶりが目につきます ・更に「消防-戦力」を削減は、市民の安全安心の維持向上にも反する「…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅷ (暴走-2) 

● 「施政」のイメージは「公明正大」「正確無比」「透明性ある運営」と「無謬」・・・ ・「無謬」- むびゅう -「絶対、間違いのない施政の進め方の意」- だそうです ⇒ 実態は「真逆!」- 「説明責任」も果たされず、倍額工事の連発は裏切りの施政強行であり暴…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅷ (暴走) 

● 「施政」のイメージは「公明正大」「正確無比」「透明性ある運営」・・・ ・ところが、高浜施政には、このイメージには程遠く、「暴走」の繰返しと映っています。 ⇒「市民」をこれ程までに「無知化し馬鹿にした」施政は、とても看過できるものではありませ…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅶ (吉浜虐待) 

● 高浜は「児童」の差別扱いを強行されています。 この暴政強行には驚きと落胆しかありません。 ⇒ その差別の証は、学校施設の「建設費」の実態からも読み取ることができます ・本来、義務教育は「平等公平」な教育施設の環境があり方と思われますが、例えば…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅵ (高齢化) 

● 先回は「高小-縮充」の「財政効果」は残念な「浪費-水増し-5億円」を献上の施設建設と判明しました ・なぜ「高小」だけ「過剰な優遇の巨額建設」を推進強行されたのか、施政や関係者の良識を疑います ⇒ 結果 - 市民5万人に止まらず、百年に亘る大きな欠…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅴ (建設費) 

● 先回は「高小-縮充」は残念な「虚偽 (ウソ) 」の説明で「倍額-50億円」を強行が判明しました ・「市民」の負託を受けた「自治体」として、市民を裏切るとはあってはならないことです (*そもそも「情報公開」に消極的な対応が多いことが透明性を欠落の証し…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅳ (縮充) 

● 今回の「公共建築-計画」は「異常な強行」としか思えません - とても良識ある施政と思えないのです ・「縮充」-「機能は充実 (複合化) 、面積は縮小」という虚構の実態をご確認戴きたいと思います。 ⇒ 結果 - 「大家族」を、「納税者」を、裏切り同然の施…

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅲ (図書館) 

● 今回の「公共建築-計画」は「異常な強行」としか思えません - とても施政のあり方とも思えません ・「市民」より「建設業界」が恩恵を得るであろう計画を強行は不適切ではないでしょうか …? ・「建設基金」も適切な準備なく「リース」や、次々と市債発行に…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸