読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜の住民自治をめざす会  活動開始の契機 !

事  件1 

*弊会、牧会長が町内会長の時、全町内会長が参加する行政連絡会にて「市の借金低減や、市の経営健全化を提案。施設建設も慎重に」と提言。

*市長の回答は、「市の施設は、後世の市民も使う。借金も後世の市民が払うから大丈夫。一般企業とは違います」と発言されたとのこと。

 (* 後日、市政クラブ議員の方も同様のお考えであることが判明しました)

これでは無責任経営も限度が無い。これで施設計画の推進は危険性すら感じます。

   (* 高浜市は、現在、施設計画300億円事業を打上げ推進中です。市民説明無しです)

事 件 2

平成27年11月、高浜市は市のほぼ中央に位置する「中央公民館(築35年)を解体し、跡地に民間医療法人「豊田会」が運営する「高浜分院」の移転建設を突然、新聞発表!

市民説明会の第一回目を終了後です。市民全域の説明会はあと4回残されていました。

*なぜ、それほど急がれるのか?

高浜市民にとって、どんな有益性があるのか?

*市民に説明無く、いきなりの新聞発表は、既成事実化を先行する乱暴な進め方です

これらの市政につき、市民の皆さんと考えていきたいと思います。

① 後日、高浜市は「新聞が勝手に書いた。市は公表していない」と説明され、市は「新聞社を訴える」と言及されましたが、未だに実行されていません。口が上手い。

② 市の説明では、中央公民館の解体は「高浜分院」とは関係ない。施設計画の改廃の一環である。と関連性を否定されています。(* 16年秋 -「関連認められました」)

③ 16年末、種々調査の結果、中央公民館の取り壊しを4年早期化の理由が判明。

⇒中公に隣接する「商工会」に移転補償のためでした。結果、1.2億円提供を議決! 

   (*早期化しなければ、17年3月が退去期限。自費移転。自費解体の高額負担が発生!) 

④ 16年4月、市の総務部長が退職と同時に「商工会・事務局長」に再就職(天下り)。

   市長は「商工会」の相談役。商工会館に間借りのライオンズやJCの役員に議員5名!

⇒ 完全に、市と商工会との関係は濃密な関係! 

   (*「豊田会」や「商工会」を優遇!  よく考えてみれば選挙の「票田」なのです)   

⑤ 住宅も100年化の時代。中公35年を寿命とは余りにも短期です。血税の浪費です。

 (* 施設管理基準に、施設寿命は60年。今後は「70年」の規定は無視のようです)

⑥「豊田会」に、赤字補填や建築補助等、約60億円相当を提供予定が判明。民間病院に過剰な補助を市民に公表無く、秘密裡に提供は不適切な市政対応と判断しています。

事 件 2'  (追記  16.09.26)

・16.09.23  毎日新聞によりますと、高浜市議会・公共施設あり方委員会にて、副市長が「中公解体の早期化は、高浜分院の移転のため」と、発表されたそうです。

⇒ 約1年後に、ようやく真実を発表(自白)されました。このような市政の都合により、説明内容を、二転三転する横暴な市政です。虚言説明に謝罪も ありません。

*このような暴政を、野放しにしていて良いのでしょうか?

*このままでは、後世の市民=子供が犠牲です。方向転換が必要と思います。

*今、市民が立ちあがる時節到来の時です。市政を変えましょう!

事 件3

平成27年12月16日、市主催の公共施設説明会が吉浜公民館にて開催されました。他の会場より緊迫の説明会で、白熱した質疑応答が交わされ、終了は22時を迎えていました。

最後に市長は「住民投票を私は発議しない。あなた達が発議すればいい!」と会場の参加者(弊会員)に指さして発言されたのです。(「やれるものなら、やってみろ!」の挑戦状でした)

以上の動向より、

 ・高浜市政は横暴である。市民より特定の団体を優遇は市民無視の市政です! 

 ・市民に説明責任を果たされていない。説明出来ない施策を強行推進は暴政です!

 ・施設計画は適正性に欠ける。高浜小建設も一社のみ応札。不可解な強行推進?

      (* '17.1月、高小建設計画の説明は、保護者限-30分、質疑禁止で日程だけ説明)

★ これでは「たかはま・あぶない」が、メンバーの一致した思いでした。

☆「 16年 クリスマスの夜に、弊会を正式に立ち上げを決め、12月31日、吉浜・神明社にて市議会発議への「署名活動」を開始したのです。」「七人のチーム侍」でした。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp