読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

「豊田会」への支援  高浜は豊田会のサイフです~

・高浜分院が「療養型(介護)病院」に治療方針が変わっていることを知りました。 

 驚いたのは、高浜在住20年の方が、分院の存在をご存知無い方が見えたこと。

(公共施設説明会の出来事でした。それほど市民との接点が無い高浜分院なのです)

このような病院に、何故、身を削って「巨額の血税を補助するのか?  補助しなければならないのか? 」  市民には厳しいが「豊田会」には優しい市政です。 

⇒ 市役所や小学校の建設頭金を確保出来ない事態となってまで分院補助は継続です。

  (昔の市政トップ陣も「こんなはずではなかった」と後悔の念を示されています)

・経営移譲7年間の補助  (経営移譲でなく経営委託ですね) 

①現病院の土地・建物・医療設備   ⇒   無償提供 

②運営経費の補助 1,673 (百万円)   赤字補填 (入院100人中-高浜市民は約50人)    

③施設改修工事費    140 (百万円)    

④救急医療補助     293 (百万円)  救急医療 (東浦町は無償対応) 

⑤高度医療機器補助 210(百万円)   刈谷本院用の医療機器購入の補助 

⑥施設の大規模改修    48(百万円) H26年-空調・EV・中央監視盤を更新-数年後解体

 更に、移転新築   2,000(百万円) 

⑦経営基盤強化対策  300(百万円) と、まあ次から次へとざっと47億円を補助予定。

おまけに、中公解体に要する費用は高浜の市民負担で 10億円。ごっつぁんです~

⇒病院側から見たら笑いが止まりません。これからも「ふんだくります」ので、   長ぁ~い、お付き合い、よろしくお願いしますです~(笑) 『たかはま は「カモ」?』

と聞こえてきそう~。

(ちなみに高浜の市税収入は約85億円。短期間の間に分院に半分を進呈となっています)

(分院には「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ たかはま」です)

 

          

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp