読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜小学校の施設建設の問題点

・市は、中央公民館の代替として、高浜小学校を複合化して建設計画を検討中です。

公共施設説明会では、様々な施設を個別に建設すると49億円要す。複合化して建設すれば、高小は、37億円で済む。結果、12億円の財源節約効果があると説明されました。

ところが、説明会終了後、図書館や他の施設は別途検討となったにもかかわらず、複合建設費は53億円と判明しました。これは高小PTA関係者に限定説明されたようです。

しかし、待ってください。53億円の巨額負担は、高浜市民全員の負担のはずです。

高小地区の税金や寄付だけで建設可能でしようか?

なぜ、情報限定されるのでしょう?  間違い訂正を、修正説明は市の責務です。

更に、このベースで換算すると、公共施設全体の整備費用は、300億円に削減と説明 ですが、恐らく、500億円を超過することとなり、市の命運も左右するほどの大事業 となることは確実です。恐らく、この説明を避けるため、説明は無しでしょう。

このような、精度の粗い計画検討や、説明でよいのでしようか? 市は市民説明は実施済み。反対は少数で「承認された」と判断したと主張されるでしょう。しかし、多くの 市民は、判断材料となる情報が無く、ご存知ないのです。知らされていないのです。

市は、市民との摩擦を避けるため、このまま、だんまりで強行突破の予定です。しかし

高小の建設問題は続きます。次は「プール」です。敷地が複合化には狭く、プールは論地町に移転です。世界の動向を持ち出され、学校にプール常設は日本だけ。海外はプールの無い学校が常識。と言われても犠牲は高小の子供です。熊本地震の現場でも、プール用水は避難生活に役立っています。避難所として必要な機能は、断水一か月に耐える生活用水の確保です。本当に「防火用水」を「避難生活」に転用できますか? 

そして、高小地域は、高浜断層に隣接し、耐震強度は相当な強固さが必要なのに一般基準で検討中の模様です。建築構造的には、より小型化のほうが耐震性が向上します。

複合化という大型建設規模となり、地震には弱く、工事期間は当初3年が、4年に延期。運動場は、建設機材や資材置き場に、安全確保に最大限の注意が必要です。このような計画では、子が、生徒が犠牲となります。本当に、よいのでしょうか?

そういえば市長は「施設は後世の市民も使う。だから、借金も後世の市民が払うから大丈夫」と発言。この発想で、施設計画を進められては、後世の市民が困るのは必定です。これを、止めるのが、今、市民である我々にしか出来ない事と思います。

私たち市民の責任であり、責務と思います。PTAの役割と思います。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp