読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市の市政運営  ハコモノ行政 (高浜分院の実態)

・国内の自治体では、ハコモノ行政の弊害がいたるところで問題になっています。

愛知県では長良川河口堰が、最近になって、費用対効果の面から余りにもムダ遣いであることが実証されつつあるようです。利益を得たのは建設を請け負った建設会社と関係者だけのようです。同じことが、スモールシティ高浜でも行われようとしています。

 市民への理解活動が不足のまま、市民の声を聞いてはやってられないと、民間病院

である療養型の介護病院に約50億円もの血税提供を推進し、その病院の移転先として、

まだ使用可能な公共施設である「中央公民館」(資産価格7億円)を、更に、血税3億円を使って解体は、余りにも常識を逸脱した暴政で、「豊田会」との関係がおかしい。と言われても否定できないと思われます。あるいは、「豊田会」の交渉力が格段にお上手なのでしょう。そこで、どのような運営会議をされているのか。高浜市の市長や、副市長

(市長-豊田会理事。副市長-豊田会運営委員)は、どのように高浜市のために奮闘努力されていのか? 「豊田会」の議事録を情報公開を請求した結果、ご回答は「非公開」。

やはり、何か、おかしいのです。何か、怪しいのです。

情報公開できないということは、公明正大な市政運営ではないことは明白です。

そして、市長派が大勢を占める市議会には監視機能がありません。市長に右ならえの

議員さんばかりで、残念です。市政運営に健全さを欠いています。

高浜市ハコモノ行政の失敗例を「高浜分院」や「美術館」に見ることが出来ます。

よく見てください。高浜市の最大の病院の高浜分院の診療時間は午前中だけ。夜間・救急・休日診療無し。市は、万が一の大災害時の救急拠点と説明されますが、平素の、医療体制が無い病院を、どのようにして、緊急時だけ療養病院を急性期病院に切り替えて、医療体制を増強できるのでしょうか? 平時でも、高浜分院の入院患者さんが様態悪化の場合は救急車で、刈谷本院に救急搬送されているのが実態です。

もう、口から出まかせ説明では納得出来ません。ご回答は、文書で、資料で、根拠あるご説明を市民に  お願いしたいのです。これが「説明責任を果たす」ことと思います。

 

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp