読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜の中央公民館の解体問題  これを認めたら高浜分院も解体に  

・高浜は、小さな地方都市です。人口46千人。市税収入85億円。26年の一般会計144億円。市も、自ら「スモールシティたかはま」と言っています。衣浦湾をはさんだ東浦町とほぼ同等の市政規模なんです。ご存知ですよね。

 住めば都で、この小さなまちが、住みやすく面白い面もあります。しかし、公共施設分野では、今、大問題が進行しています。方向修正が必要です。この方向を変えられるのは市や議員さんではなく、今や、修正は市民しか出来ない事態となっています。

 大問題は「高浜分院」という民間病院の補助額が、異常なほど巨額なのです。なぜに、これほどまで民間病院を過剰に優遇されるのか、全く、理解できません。市長はこの民間病院の理事なのです。経営陣として参画されています。この成果でしようか?

 市民から納税された血税を、たった7年間で24億円提供(小学校建設に相当)。病院要望の移転計画に同意し公共施設の公民館解体を税金で推進は、10億円負担。更に建設費20億円を提供。更に、経営支援の名目で3億円補助予定。更に、土地は無償。建物も無税。これで、総合計60億円を補助予定となっています。今、新高浜小学校の建設費が53億円でもめていますが、これを超える規模となっています。そう、異常な補助です。

「病院」は「療養型」と言って寝たきり患者さんのための介護病院です。高浜市民は、約50人程度が入院されているそうです。手厚い福祉介護ですが異常です。

・高浜の大問題ですから何回も言いますが、こんなことを続けていたら、市民は民間病院のために納税している状態となります。まったく異常事態です。

・そして、病院の移転先の公民館(築35年)の解体を認めたら、現在の高浜分院(築31年)の解体も認めることになります。みんな税金で建てたハコモノです。「もったいない

おまけに、解体費は税金で支払うことになるでしょう。

・われわれの税金をドブに捨てるようなものです。「もったいない」ことです。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp