t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市自治基本条例は 市民生活の聖書です!

☆今回の署名活動を通じて貴重な収穫がありました。それは「自治基本条例」に触れたことです。高浜市まちづくりについて、制定されました。今から5年前です。

まちづくり議会をにらみ制定のようですが、市民生活の道標に値すると思います。

注目すべきは、この条例の所々に見られる市民尊重の精神です。

まちづくり根幹に「市民」を軸、基盤、根本とする精神がちりばめられています。

☆数か月前、初めて読んだときは、感動すら覚えました。

是非、多くの市民の方々の目に触れ、精読頂き、この条例精神の崇高さに触れて、この精神に基づく市民生活を送って戴けたらと切望する次第です。

☆個人的には、小・中学校の「自治学習」の教材にしても良いと思ったほどです。

⇒ 是非、皆様も一度、目を通されることをお勧めします。 

  [検索]・高浜市自治基本条例 

★しかし、現実は問題だらけです。この自治基本条例の崇高な精神はどこへやら?

議員さんをはじめ、行政関係者、まちづくり関係者、そして、市民まで、この条例を「理解」し、「実践」頂ければ、高浜再生、再構築も夢では無いと思います。

〒444-1335 高浜市芳川町2-10-13 高浜の公共施設を住民目線で考える 電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp