読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

そうだ! 高浜分院の移転は、24億円をドブに捨てることだ!

・中央公民館を解体して、高浜分院を移転建設は、高浜市立病院を豊田会に経営移譲    後、7年間で高浜市は「24億円」を補助しました。経営赤字の補填、病院設備の大規模な改修や工事費。果ては、刈谷本院の手術装置の購入や検査器具の保守点検費を負担。市民には広報等での情報公開はありません。

(これは弊会の情報公開請求にて判明。「豊田会」の議事録は、申請から9か月経過の今でも秘密です。数十億円にのぼる市の税金を「豊田会」に提供されても、市民は知る権利さえ拒否されるのです。そこには何が隠されているのでしょうか?)

同様に、市はそれまで市民に秘密で「億単位の補助継続」です。市長は「豊田会・理事」・副市長は「豊田会・運営委員」です。高浜市は「豊田会」の貢献度が高いと思います。今回の中公解体も貢献の一つです。「豊田会」の高優遇理由は説明ありません。 

⇒ 突然の計画では、分院を中公跡地に移転後、今の分院(築31年)も、解体予定とか聞いています。ということは、24億円も消えてしまうことになるような気がします。

 高浜市は、市民は、解体のために、補助継続してきたのでしようか?     

 まったく「もったいない」話です。あなたの、私の税金ですよ~。大切に活用頂きたいものです。  

⇒ 高浜分院の建物の有効活用は出来ないものでしょうか?  壊すのは最後の手段と思うのですが…。(貧乏性の発想なんですね~。たしか二年前に4千万円をかけエレベータや制御盤を更新したはず…。)

昔話ですが、日本経済が高度成長期の時代、施設は「スクラップ&ビルド」の建替えが主流でした。これが、今でも尾を引いています。

 しかし、昨今、これからは「リノベーション」という「施設の骨格をそのままに、あるいは、補強して、新しい付加価値を創造」を、国も提唱始めたらしいとか聞きます。

 高浜分院を無償提供したように、こんどは無償返還頂き、新しい使い方を、市民の意見を取入れ、「図書館」や「児童や養護・介護施設」との共存施設にしても良いかもしれませんね。少なくとも築31年の施設を解体は無いと思います。「スクラップ&ビルド」は終焉にしたいものです

(実は新市役所もリノベーション構想を却下されました。高額のリース建設を選択です。誰のためのメリットか不明です。)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp