読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市への市民意見箱  「豊田会への補助中止」

高浜市は市民意見箱を設け提案募集中です。ご提案のお願いと意見例を下記します。 書き方はHP等で定形様式を取出し、ご記入ください。お子様のご意見でも結構です。⇒意見箱は、市役所やいきいき広場。公民館にも投函箱が設置されています。               

 ---意見-----------------------------------☆---- 

『振り返れば、7年前、市立病院から「豊田会」に経営移譲の折、当時の市長は「赤字補填は単年度のみ」「二年目以降は民間移譲だから負担無し」の説明で市民理解を得ました。

 しかし、説明会後、現協定書を市民に説明することなく締結。7年後の現在、なんと「60億円相当」を補助予定という、とんでもない事態を招き、市の財政運営には、支障が発生するは、市民サービスは低下するはと、最悪の事態を招いています。

 そして、現在、再度、新たなる協定書を検討中であり、同じ過ちを繰り返そうとされている事は、行政の経営判断の選択行為の過誤とも言え、今一度、立ち止まり、再考すべきと考えられます。

 「刈谷市」は、数年前から病院補助の打切り処置をされていると聞きます。刈谷市の一般会計予算は、高浜の約4倍相当の巨額の財政力です。この自治体が「豊田会」の補助を打切りに対し、財政弱体の高浜市が、何故、補助継続なのでしょうか?      

 「世界のトヨタグループ企業・利益1兆円」が運営する「高浜分院」の経営補助を、なぜ、「国内でも最小規模の地方都市・高浜市」が赤字補填するのでしょうか?

このような運営関係は不適切であり、弊害ばかりで、疑惑を生む関係と言えます。

これを是正できる時節が「協定検討期」であり、今です。高浜市の経営改革の視点に立脚され、「断行」のご決断をお願いするものです。

具体的には「刈谷市と同様の補助打切り」の方針の基、「豊田会」との交渉推進です。

これについては、微力な市民も総力をもって市政支援に当たりたいと考える次第です。

----------------------------☆--- 

という意見を提示しました。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp