読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

新高浜市役所  リース建設の疑問

高浜市は数年前から「公共施設計画」をプロジェクト活動として取り組まれ、今後の  

 公共施設の方向性として「縮充(複合化)」を提言されています。 

・市内全学区を対象の「市民説明会」でも「縮充」提案を展開されています。

 この方式は「限られた財源を効率的、有効的に活用する未来の施設計画のあり方」と

 説明されています。 

⇒ これを現在、建替え中の新市役所に、どのように反映されているのか?

・結果は、「縮充」どころか、全く正反対の「分離・分割」の方向です。

 高浜市役所本庁舎整備事業について

<いきいき広場に、こども未来部を移動し、分離規模を拡大> 

 以前から市役所が分割され、不自由を感じていましたが、尚一層、分割されました。

⇒つまり、「言ってることと、やってることが矛盾しています」。ある人はこれを

 「デタラメ市政」と非難する方も見えます。

・市役所は、財源の効率化を図らなくても良いというご判断なのでしようか?

    「何故、分離されたのか」誠意ある説明責任を果たされる資料は、ありません。

⇒更に疑問は「リース建築」です。頭金が無いからと、通常の建築方法では、20億円も

 あれば60年は維持できる公共施設を、20年契約のリース建設にして32億円を投入する

 計画です。いくら「支払いは未来の市民が払ってくれるから大丈夫」と言っても、

 余りにも、無責任極まる、まちづくりの推進には納得できません。

⇒この計画も、短期決戦で推進です。市民理解の無いまま強行されました。

 真に「独裁的」な市政です。高浜の未来は、大丈夫でしようか?  安心できません 。

 20年後、また巨額のリース契約で、また、15億円以上が吹っ飛びそうな気配です。

 結局、リース契約60年後は、単純累計62億円を要して、また建替えが発生します。

⇒このままでは「未来の市民が犠牲の市政です」「勇気を出して立ち上がりましょう

    たかはまの未来のために、未来の市民のために!

 

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp