読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

新高浜小学校  複合化(縮充)計画の破綻

・皆さんの目で、耳で確かめてください。真実を語るのは、「市」か、「市民」か?

・市は、高浜小学校に教育以外の機能(公民館)と複合化を図るため、相当、無理矢理、 

 設置計画を推進されているようです。非常に強引な進め方のようです。

  (未来の市民に 過大な借金を残す 施設計画を 貴方は進めますか? …。)

複合化建設は メリット有り?  (学校単独26億円80億円超に<推定>)

⇒市は、ようやく要求水準書による、正式な見積額も入手され新聞発表されました。

 しかし、その方法は、先回の概算見積53億円を低減のため、目標とする総額枠を

 必達課題とし、仕様検討されたよう?  更に、建設費低減のため複合機能も削減され

   ました。もう、機能が従、財源管理が主に逆転したアベコベの施設計画の推進です。

⇒結果、[総建設費47億円(維持管理費込)・工事期間-4年・維持管理期間15年]です

 (市内全域への施設説明会では、複合化により、高小は⇒ 37億円で財政縮減との説明でした)  

・問題は、PFI方式で、15年毎に維持管理を契約更改し、施設寿命の60年間で3回更新。

 その額は、約21億円(推定) + 築後30年時の大改修期には15億円程度でしょうか?

    つまり、高浜小学校の建設費は、総額80億円を超過します。市の説明予定は無し。

   (高小単独の建設であれば、35億円程度。複合は実に2倍以上の税金を要します)

⇒更に、高小建設~寿命(60年)後は、また、次の建替え50億円が発生します。

 結局、複合化は本当に「市の財政運営の健全化に貢献」するのか疑問です。

 負債による建設は「未来の市民に 支払い責任を負わせる 過酷な負担」となります。

施設の複合化計画の破綻(はたん)?!

⇒施設建設費47億円は、高浜市設立以来、初めての巨額投資の施設です。施設仕様が

 二転、三転の施設建設を、たった1回のいい加減な説明会で推進です。負担は子供! 

・現在、冷静に見て複合化(縮充)」計画は破綻(はたん)しています。しかし、首長は

 実績づくりのため、建設強行で走っています。未来でなく 来年の選挙を見据えて…。

⇒当初の計画構想の「図書館」は複合中止。「プール」は論地町に。こども機能の集約「中央児童センター・中央児童クラブ・いちごプラザ」は、どうなったのでしょう。

⇒そもそも幼稚園を民間委託して保育園と児童センターを一体(複合化)で作る計画ま

 では良かったのですが、現在、幼稚園の複合化は中止。であれば、児童センターも

 現状とし、幼稚園の整備時に複合化でなければ「財政縮減を掲げる総合管理計画

 の意図に反する事態となった現状を説明せず、強行突破される市政は乱暴では?

 「中公」だけを前倒しで解体する理由とも矛盾しています。全く理解できません。

    (ひょっとすると、これも選挙対策の一環でしようか。可能性はあります)

⇒避難所としての機能確保も心配です。「耐震性貯水槽」を設けと有りますが、項目

 だけで詳細設計仕様は建設会社に丸投げです。恐らく、建設会社は、予算枠を厳守

 の基、適当な貯水槽計画となる恐れがあります。適切ではありません。

 また、要求水準書の基本設計情報に「高浜断層」の存在記載無く、耐震設計上の重要 

 な制約条件漏れは「未来の市民を護ろうという配慮もうかがうことは出来ません。

 大家族たかはま」精神や、住民自治基本法を外れ、施設推進されています。

・こと今回の「公共施設計画」は、従来の心を無くされたような気がして残念です。

 (*60年後の 未来の市民のため、戦う市民がいたことを記録目的も含めて記ます)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp