読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市 雑感  住民主体による まちづくり

・最近はどの都市も同様に、官学主導による「まちづくり企画」が進められています。 

高浜市も過去より、様々なまちづくり活動プロジェクトを企画推進され、今回の、

 「公共施設計画」も同様に大学の先生方のご参画を仰ぎ、進められてきたようです。

・しかし、高浜の人口五万人足らずの小都市の未来を、高浜に居住せず、生活経験も

 無い先生方のご高説通りの「まちづくり」が最適で、適切でしょうか? 

・「まち」が「金太郎飴」的に、何の特色も無い、魅力も無い「まち」となるのでは?

・人の生活や、住みやすい「まち」は、統計通りの営みではなく、最後は「気持ち」 

 「」「生活の営み」が多大に影響し、「まちづくり」が生まれてきます。

・これらを大学関係者に任せ権威付けを図る手法は、もう古いと思われます。画一的

 「まちづくり」をお望みなら別ですが…? しかし、市民は望みません。

・企画内容に「たかはま」への郷土愛がなく、生活実感がないように感じています。

・手元に、昨年の「高浜市の予算概要」資料を見ると、「みんなで考え みんなで汗か 

 き みんなの「まち」を創ろうと美しいスローガンを掲げられています。 

・実際の企画運営は、難しい面もあろうかと思いますが、このスローガンの主旨に沿う

 「まちづくり」が進められたら、現在のような「公共施設計画」の蛮行は無かった 

 と思われます。これからは「官・学・」のまちづくりをお願いしたい。

⇒この「まちづくり」の根本は「自治基本条例」にあり、再認識を切望致します。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp