読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜商工会 移転補償 

・皆さんの目で、耳で確かめてください。真実を語るのは、「市」か、「市民」か?

●高浜商工会の移転補償の不思議

・高浜商工会館は、解体予定の中央公民館内に併設されています。

  市は「中公は老朽化で寿命だから解体します」と言いながら、寿命まで同居の商工会

  には、移転補助[56百万円]を提供し、新築補助[57百万円]まで決めたようです。

  その額は合せて約110百万円。何故、その額が妥当な適正額なのか説明はありません。

 市民への説明もありません。議会は素通りです。誰も不満も言いません。不思議な

 まちです。負債を未来の市民に託して、今さえ良ければ、自分さえ良ければ、という

 自己中心主義が蔓延しているかのようです。

・しかし、ちょとまってください。常識的には、建物を寿命まで使えば、価値はゼロ。

 なぜ、補償がいるのでしょうか?

  市は市民には「老朽化で寿命」と説明しつつ、商工会には、法的償却期間である

 残り25年分として56百万円を支払う。建物寿命は、この25年が真実と思われます。

●「豊田会」のための解体早期化 

・何度も言います。民間病院のため、公共施設の解体は前代未聞です。それも、法的

 償却期間を25年残し、資産価格7億円もある公共施設をです。これを全額、市民負担

 で解体し、病院移転後の建設費として、市は20億円を補助する。・・・?

⇒全く、市民のための市政でなく「豊田会」のための市政はどこか歪んでみえます。

 

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp