読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜小学校の財政問題  解説

・市は当初、これからの公共施設は複合化=縮充(しゅくじゅう)と提言されてきました。  「規模を縮小して、機能は充実する」という意味とのこと。しかし、この考えに       逆行し、何故か、「市役所」は、「いきいき広場」と機能分散されています?

公共施設の「縮充」提唱者である「南 学氏」(東洋大客員教授)は、公共施設で展開時は、小規模施設で検証してから実施と忠告されてましたが、高浜市では、いきなり、大規模に、「高小」で取組み開始です。市民の不安や負担を無視され、只今、暴走中です。

高小の複合化による財政効果(市作成の資料-初期計画) 

・公共施設の建設費の比較資料を見てみます。①従来の単独建設 ②複合化建設です。

⇒①単独建設 合計49億円 <11施設>

・高小26億円/・幼稚園2.5億円/・中公ホール3.3億円/・図書館6.8億円/・いちご1億円・  

 大山公民館2.5億円/・老人憩いの家1.7億円/・体育センタ4.5億円/・中央児童C1.2億円  

 ②複合建設 合計37億円 <11施設>

⇒よって、複合建設の財政効果は▲12億円も見込め素晴らしい計画と自画自賛。

  しかし、現実は、真実は、逆転しています!   よく聞いて、よく見てください。

高小整備事業  合計52億円 <9施設> (維持管理-18年間)大幅増! 

・除外施設 <・幼稚園2.5億円/・図書館6.8億円/・いちごプラザ1億円>→10億円分を除外

・積算条件 <・金利変動・物価変動・消費税は別途加算>

・維持管理 <・18年毎に、維持管理契約を更改 <市は契約額を非公開。また秘密>

 (市役所の例-維持管理15億円:20年) これを施設解体まで継続。PFI方式は間違い?>

消費税込み合計56億円。当初より19億円増額です。

 施設を単独建設のほうが、17億円も安いのです。

「複合化計画は破綻(はたん)」です。再考が必要です。

 説明責任を果たさず、この計画遂行は「暴走」です。 

 この市政の暴走を止める働きは議会に無く、容認・推進されようとしています。

 これではたかはま あぶない !  未来の市民が犠牲」です。  

 この容認は、高小~高取小と進み合計500億円事業に発展し巨額負債が発生します。

   (かの夕張は600億円負債により市が壊れました。高浜もこれに近づく計画です)

 市長は「借金は未来の市民が返してくれる」と主張。市長や市議会議員さんは、

 この負債を返還補償される気はありません。市民を返還の道具としています。

⇒ 今、公共施設の是非の判断は「我々、市民に課せられています!」

 未来の市民のために、あなたは容認できますか?   

⇒残された方法があります。住民投票」による意志表示です。 

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp