読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

市民説明のウソ  公共施設計画

●市民を先導するには正確な情報提供が肝要です。

欧州連合(EU)が大変なことになってるようです。離脱を決めた英国の国民投票を巡り、離脱派が訴えてきた公約が「うそ」と判明!   国民から批判が出ているそうです。国民は「離脱への投票を後悔している」とし、英政府に2度目の国民投票を求める署名は350万人を突破したそうです。
 そのうそは「離脱派はEU拠出金を三倍に増額誇張して訴求」と判明したそうです。

市民に間違った情報を提供し、国の方針決定は後悔の結末を迎えているようです。

 

高浜市も「中央公民館が無くなってから後悔しても遅いのです」

「市内唯一のホール  滅亡の危機!!」

高浜だけホールも無い街に! 子供に恥じをかかせても平気ですか? まちの魅力半減です!

⇒市は、正確な情報提供を発信していません。民間病院のために、建設会社のために、市民に間違った情報、真実とは異なる情報により、中央公民館の取壊しを推進中です。

高浜市政に求める!   真実の情報提供を!

・中公や分院の「鉄筋コンクリート」築35年/築31年を「老朽化」と主張の理由。

    耐震強度も十分な施設を、3億円も負担で解体し、土地は無償とは誰のための市政?

  (法廷償却年数60年の施設を35年解体のため、資産価格7億円を残し解体です。「もったいない」)

・高小・複合化建設で図書館や幼稚園を除外したのに 何故、52億円もかかるのか?

    ⇒ 何故、市民説明をされず 強行されるのか?

・高小・PFI建設による18年間の維持管理費を、何故、公表しないのか? 

    ⇒ 何故、建設費の中味を秘密にして建設推進されるのか? 

・何故、高浜分院ばかり優遇されるのか?

⇒市民説明せず、借金返済だけ押し付け、施設建設を急ぐ市政。子供に負担を掛けて逃げる態度は為政者として、いかがなものでしょう。不信感と不安ばかり残ります。 

☆私たちは、子供に胸を張って説明出来ません!

  ・高浜分院に計60億円も負担の理由。何故、減額交渉をされず追加交渉されるのか?

  ・ホール解体の理由? コンクリート寿命は100年とも。35年を寿命の理由?

  ・小学校を複合化の理由? 説明会では複合37億円。説明会後53億円の説明無し。 

  ⇒ 複合化により財源削減と説明され、一番、高額な建設費となっています。

      これで喜ぶのは建設会社です。複合化は、市民や子供は犠牲です! 被害者です!

☆病院や企業でなく、「市民」に向いてください!

     (「人民の、人民による、人民のため」の市政をお願いしたいのです)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp