読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高小建設費  複合化(縮充)計画の破たん

 

☆6/16掲載と同内容に資料追加しました。 

☆市は当初、これからの公共施設は複合化=縮充(しゅくじゅう)と提言されてきました。  「規模を縮小して、機能は充実する」という意味とのこと。しかし、高小構想は子供が犠牲、市民の負担は倍増の施設計画です。(*署名説明会に使用した資料です)

f:id:t2521:20160708091225j:plain

●市の公共施設説明会で、13ケ所の公共施設を単独建設では「49億円」必要。

●これを複合化すれば「37億円」。なんと「△12億円」削減と鼻高々で説明。

⇒現在、複合施設の「幼稚園・プラザ・図書館」合わせて「10億円」を除外。

しかし、建設費は、最高額の「52億円」を突破の建設計画です。

●「財政効果は まったく無いのに建設推進は異常な市政判断です。暴政です。「たかはま」を借金漬けにされるおつもりなのか? 市長曰く「借金は未来の市民が返してくれるから大丈夫」の発想のもと、施設計画は破綻しているにもかかわらず建設強行の市政です。

⇒これでは たかはまが危ない!  いくら借金を重ねるおつもりですか?

●更に、市役所はリース建設。高小や今後の施設建設はPFI方式です。市の財政余裕無く民間資本による建設は、極めて長期間の「維持管理費」が付いてます。

・新市役所は20年間毎に15億円。高小は18年毎に--未発表です(発表できないのです) 

(*新市役所の建設費は15億円+維持管理15億円。市で単独建設なら半額で済みます。小さな市役所を新築し、維持管理を外注する利点が理解できません。なぜ、倍額建設を推進なのか?  まったく不可解?)

高小建設も同様。建設費52億円+18年毎に(10億円)を。施設寿命の60年間で推定72億円の超巨額投資!

市民に巨額の負債を残し、市民と子供に責任を押し付けの市政です!  だまされてはいけません! 

☆市民による、市政の方向修正の時と断言します。 未来の市民のために                        

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp