読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

新市役所の失敗  高浜の公共施設計画は大丈夫?

●新市役所の骨格が見えてきました。しかし、現市役所の陰に隠れ少し見にくいのですが、やけに、「小さい」のです。現市役所の「そびえ立つ堂々たる風格」に対し、なんと「貧相な風体」なのでしょうか? 

全容公開は楽しみですが、「町のシンボル」としてイメージダウンは明白でしょう。

●改めて、資料確認しました。なんと、新市役所の床面積は、現市役所の半分程度なのです。なんで、こんな「ちんけな役場」をこさえたのでしょうか。巨額の血税32億円も使って! 「もったいない」税金の使い方です。

●市長さん、議員さん、本当に、判断責任をもって確信の基に市政遂行されているのでしようか?   未来の高浜の今後、半世紀を、この「ちんけな役場」で行政機能の最大発揮は難しいと思います。今後、ICT普及により合理化できると推測されていますが、ICTによる行政進化は、一人の行政スタッフが、多くの分野、多くの事業を同時並行的に職務遂行となり、スペース的には、拡大する方向と思われます。これでは、結局、犠牲は市民です。加えて、行政スタッフも同様の犠牲者かもしれません。このままでは高浜の未来が心配でなりません。

●改めて確認すると、お隣の東浦町役場より「小さいのです」。いくら、「いきいき広場」に分散してるから大丈夫と言われても、分散は、市民が不便なのです。

●新規の公共施設は縮充(複合化)と言われ、市役所の基本機能を分散は矛盾です。これでは失敗の施設と市民評価が下されるのも時間の問題です。やはり、新築ではなく、改築(リノベーション)を選択すべきでした。この失敗作で、市民は今後、半世紀のガマンです。とんでもない市政判断と思います。「後悔先に立たず」で市役所はもう手遅れです。

☆このまま手腕を発揮され「中公を解体し、分院を移設。高小を複合建設」の先は見えてます。犠牲は市民です。残念でなりません。「後悔」を止めたいと思います。

⇒やはり、市民が立ちあがらねばならないと、ますます確信を新たにしました!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp