読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

公共施設の耐用年数 鉄筋コンクリート造は60年!  

---デタラメな説明------------☆---

● 今回の中央公民館を取り壊す判断基準は、施設の耐用寿命です。

   高浜市は「鉄筋コンクリート造りの中央公民館は『築35年』。建築物の寿命です。壊したほうが安い」と説明!

★しかし、誰が考えても、施設も品物も、出来る限り、命ある限り長ぁ~く使ってあげるのが、一番安く、大切なことは知っています。高浜市は「何でも、壊してしまえッ! 切ってしまえッ! 」と非情な市政態度です。  (信長的?  芳川町の公園の桜も伐採方向です)

(* 市の公共施設計画書には、施設更新基準を「60年」を「70年」に長期化を明記!)

市自ら、基準破りで、説明無しの建設は、不透明な怪しい施政運営です。

(* 建築物の構造設計士に聞いたところ、保守をしっかりすれば「百年」は大丈夫!)

---国の指導施策--------------☆--- 

☆国は最近、施設建設の手法として、従来の「スクラツプ&ビルド」から「リノベーション」を提唱されています。いわゆる、解体・建替えから、施設躯体を生かして、設備内容を更新して、機能改善や施設の付加価値を高めようという「リフォーム」的な施設建設により財源の低減を提案しているのです。

(* 岡崎市も、市民会館築50年をリノベーションして、施設80年化を実施されました) 

例えば、市役所も当初、現在の建物を生かして、耐震補強を加えて、リノベーションという案もあったそうです。そうすれば、市役所の一体化ができたであろうに、現市政は建替えを推進し、市役所の分離・分割を推進したのです。時代に逆行の選択でした。

(*新庁舎はリース20年-28億円。改築なら14億円を倍額を浪費し狭小建設は失敗です!)

---他の自治体の事例----------☆---

☆某お隣の町の公共施設の更新計画基準です。非常に明確に定められてます。高浜市は市長のご都合で施設更新年限は決まります!   これでは、税金を私物化の浪費です。 

f:id:t2521:20170411095609j:plain

☆この基準によれば、市役所も、またまだ使えました中央公民館も、あと25年は使えます。(最近、市の施設計画基準には「70年化」をめざすと記されています)

⇒ 市民の財産である公共施設 - 中央公民館を、特定の民間団体のため、市民要望を無視して、解体とは何事ぞ!  おかしいのです!  怪しいのです!  私物化です!

(* 中央公民館の資産価格は7億円。これを解体3億円。市民損失は10億円です)

(* 市は「商工会館」の資産価格を5千万円として移転補償を提供を’16年6月に議決!) 

市は「商工会」に移転補償を提供のため、

   中公解体を早期化されたようです! 

 市民が犠牲の施政は、もう許されません!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp