読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

諸悪の根源Ⅲ  市議会体制

● 今日、初めて市議会議長、副議長に面会しました。当初の目的は、署名活動に妨害行為をしないで、という申入れです。先の「間接署名」では、とても市会議員とは思えない、相当、悪質な妨害行為を当たり前のように展開されましたから、この予防のためです。

● 高浜の市議会も、長期に渡り圧倒的な多数派「市政クラブ」による市政運営の結果、全く市民無視の、独断専行型の市政運営が身についてしまっているようです。また市民のほうも「市議」で影響力を発揮するのは「市政クラブ」と結局、多数派を選択が常識になってしまっています。

●このような事態が、今の市政の暴走を許してしまう体質を作り上げてしまったと思われます。今日の議長の発言がその証左でもあります。例えば、市民「巨費の借金の責任は議員さんは取りませんよね? 子供を犠牲にしていいのですか?」⇒議長施設は子供も使いますからと市長と同様の税金感覚です。無責任発言とも言えます。

高浜市の施設は市内に114施設あると言われます。一般市民は「使わなくとも納税で全ての施設維持費を負担しています」。恐らく、現役バリバリの若い市民は利用頻度が、極めて少ないと思います。(個人的にも、60才代を超えて町内会役員を担当し、約8ケ所程度の施設を利用しました。利用率:約7%です) これでも全施設分を負担です。「使わないのに負担です」。これが市議会には理解されていないのです。

⇒ 更に、高浜市民は、民間病院「高浜分院」の補助費まで負担です。

☆ 個人的には分院に通院経験は全くありません。恐らく、多くの市民が未通院でしょう。しかし、市税85億円の約3割相当額を市民は納税負担しています。この感覚が議員さんに無いのです。市民は利用している全市民」なのです。一人でも、全市民なのです。

● 一人のためでも、市民のためと、いくらでも借金できる所以です。ご自分たちは、決めておいて、借金は返さなくとも良い、市民任せで良い立場なのですから…。 困るのは、犠牲は、未来の市民「子供」! という認識が欠落しているのです。これで任期が終われば「さようなら」が議員さんの基本姿勢です。

● これは、以外に多くの町の議員さんがそうであるかもしれません。いかに多数派に加入して権益を獲得するか。政争の戦略戦術に終始。あるいは多数派にあれば何もしなくとも実績は上がる。多数派の議席として同調していれば事は済むと、組織の仕組みの中で傍観している方法もあります。ごみ巡回で市民にアピール? これではダメです。一人、二人と、立ち上がる議員さんが増えれば、議会も変わると思いますが…。恐らく、今の議会では、大改革が必要でしょう。

☆ 市民による民主政治のあり方を模索する時代が到来しつつあるようです。

⇒今日、十分程度の面談でしたが、この考えを確信出来ました。やはり、今、「高浜を変える必要があります。未来の市民のため! たかはま のため! 市長や議員が決めたのを傍観でなく、ご参画をお願いします。ご署名をお願いします! 」 

*ご面倒ですが、お近くに署名受任者が見当たらない場合、お問合せください。連絡先☎090-6768-9372 <矢野> ☆芳川二丁目・牧工務店でもご署名可能です。 

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp