読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

公共施設計画  市民の疑問

☆ついつい簡単にと思っていてもだらだらと申し訳ありません。今日は単純明快に復習も含めて!

①民間の分院に、いつまで、なぜ、補助するの? いつまで経っても補助が切れません!    さすが「豊田会」!  市役所の上を行く企画力・交渉力。市長も手玉に取られています。このままでは、補助累計100億円の可能性も夢では有りません。狙った獲物を離さない「〇田会」です。

②愛知県の最小の田舎都市が、世界のT社g(利益1兆円)が運営の病院に補助提供?      さすがT社関連の経営管理はすさまじい限り。小都市からも根こそぎ容赦無く補助を引き出す作戦は感服です。「継続は力なり」ですが、分院継続は、高浜にとって、痛恨の極みとなっています。

③建築寿命60年の鉄筋コンクリート造の中央公民館を、なぜ、35年で解体なの?      そして、当初の予定より、4年も前倒しで解体。そして跡地に即、分院建設なのに、市はなぜ「分院」とは、一切、関係無いと強く説明されるのか? 

(*豊田市に競合する療養病院がH30年4月に開設に対抗が早期化の理由。市単独の解体工事の主張は「豊田会」に10億円請求を回避のため。*この新病院、ベッド数の規制に抵触する可能性もあるとか?)

公共施設は市民の財産です。市長の一存で民間法人のため解体判断は(舛添)問題と同じ公私混同です!

④新協定を検討中ですが、なぜ、豊田会の要望を素直に聞き、市民の声は無視ですか?   (土地は無償<5年>・家屋も無税<5年>・建設補助<20億>・経営補助<3億>)益々不可解?    そこで情報公開請求を掛けて「豊田会」との議事録を請求しましたが、拒絶です。高浜市民は、24億円を提供し、合計60億円も補助予定なのに知る権利も無視されています。市民を小作人扱いの市政です。   

最大の問題は「〇田会」かもしれません。陰で操っている可能性も伺えます?

⑤新高小の建設費は52億円予定。財政効果が無いのに断行は、また、不可解です????  (全市民対象の説明会の37億円構想の撤回説明は無しですか?説明責任から逃避?)(いくら議員は責任を取らなくても済むとは言え、やりすぎです。暴走です。市民を犠牲の市政は暴力です。たかはまを潰す気ですか? 尋常な判断ではありません。もう建築するとお約束済みなのか?) 

⇒この高小建設も問題含みです。矛盾だらけの強行は危険です!責任問題です! 

⑥公共施設の建築手法、リースやPFIは「維持管理費」で、ぼったくり施設です。

⇒この「維持管理費」分院と同じ補助費の性格を抱えています。いつまでたっても施設がある限り経費が続きます。貧困都市の悪循環となり借金は増えるばかり。民間資本の利益追求は当たり前、損する事業であれば即撤退。PFIは、永遠に儲かる事業形態なのです。

   一般市民の素朴な疑問は続きます。誰が考えても道理に合わない事業を強引に進めなければならない理由が裏に秘められている気がします。このままでは、あぶない市政です。

<お願い>

☆このような問題を抱えている高浜の方向修正を図りたいのです。現段階では、議会機能は崩壊しています。市民の皆さんが自覚を持って立ち上がる時節が来ているのです。

まずは、署名をもって「中央公民館の解体」を市民皆さんの意志で判断頂きたい!高浜の未来のために!  高浜っ子のために!  <併せて拡散もお願いします>

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp