読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜商工会館  移転補償と建設補助

● 矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

   昨日、会員さんから資料提供を受けました。市会議員さんの市政報告です。

● 当初、市長の説明は「中央公民館は寿命です。早く壊したほうが安い。約2億円削減」という説明でした。

● 今回の市会議員の報告では「中央公民館に併設の商工会の移転に伴い、生じる費用の補償 並びに保有財産の減失を補償する」と報告されています

☆早く壊すことにより、商工会館の補償が発生します。移転先のエコハウス改造工事も負担です。エコハウスの目的外利用による補助金も返済義務が発生します。

⇒「早く壊した方が安い」は虚偽の説明と判明。これは市長が市民に対しての説明です。これは説明責任上の過失では? 虚偽説明で財源負担は詐欺行為です! 

☆商工会には保有財産の減失を補償? ⇒ 建物寿命まで利用だから「補償ゼロ」では?

☆商工会の新築補助として「1.3億円」の提供を議決 ⇒ 解体による追加費用。

中公を早期解体による財源効果は消失です。これを推進は異常事態です。

これを市長、市議会、行政が一体となって推進は「市民に対する裏切り行為では?」

⇒ これが、高浜市政の真実です。言葉巧みに、市民は「だまされています」

● 市民への解体補償はありません!  いつまでも、がまんと、惰性の黙認は「後悔」となります。

*仮に、中央公民館を市の都合で4年間前倒しは市民の損害もあり補償請求したいものです。試算検討すると、<市民補償要求案:資産価格7億円÷市民47千人≒15千円+4年間の利用延滞補償≒5千円⇒市民一人当たり2万円請求です >

今が、市民の立ち上がる時です。封建的な独裁市政から脱却する時が来ています! 

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp