読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜分院との協定を考える

● 7年前、市民に説明されず、市は独断で「豊田会」との協定書を作成。これが高浜市政の諸悪の根源となっています。説明責任と言っても、当時の市の広報に事後報告の記事掲載だけ。市民にとって、理解不能な情報でした。また、これは、市民説明会とは、まったく異なる協定内容で市民無視の施策でした。

● 世界のトヨタgを理事とする「豊田会」に7年間で24億円の補助は、スモールシティ高浜にとって余りにも巨額の負担であり市民サービスが低下の大要因です。

⇒市民一人当たり5万円負担の費用対効果は、どこに、なにがあるのでしようか?

民間法人の高浜分院の移転建設は、市民に負担を重ねることになり、まだ20年は使えるであろう市民の施設、今年も使う学校行事の施設を、「寿命」と説明され解体予定施設の、資産価格は7億円も残っています。これを、市(市民)の負担で3億円を要して解体は、まったく理解も、納得もしがたいものです。更に、中公内にある「商工会」の移転補償に2億円の追加を要し、結局、5億円の負担が真実です。もったいない税金の使い方です。

● 更に、移転建設には、また20億円を提供という協定は、とても許容できるものではありません。これを市長は「豊田会・理事会」で首を縦に振るとは、暴挙と言わざるをえない事態です。どのような利益が、効果が、市民にあるのか説明責任を果たすべきです。

●この協定書、分院への財政支援「・20億円を限度に…」とあります。市は、交渉努力もせず、満額回答ですが、なぜ、そこまで従われるのか、不可解です?

 (この20億円の巨額の算定根拠はどのように?   民間法人から請求があれば応える資金がどこにあるのか? )

● 市は、中公解体で、資産価格7億円を負担し、3億円の解体工事を「豊田会」のために提供するのに、これは「施設政策」と誤魔化しの説明で豊田会の負担を回避しようと、市民でなく「豊田会」のために一生懸命です。

⇒これを放任すると、補助合計は60億円となり、市民一人当たり13万円負担です。本当に高浜分院が市民47千人にとって必要不可欠な施設機能かを問いたいと思います。

⇒最悪でも、中公の資産償却や解体工事の負担は「豊田会」を切望します。受益者負担は当然です。運営利益を確保のための移転ですから…。更に、市民は大切なホール機能を消失です。この補償還元策も検討頂きたいと思います。

⇒「大家族たかはま」の未来のため、腹を割って市民との話し合いの機会を設定されることも提言させて頂きます。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp