読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市政の問題点から見えたこと  高浜再生の道

高浜市政の問題点を調べるうちに、「市政の修正方向」が見えてきました。

* 活動開始の原点は、昨年、町内会長が集まる行政連絡会にて、弊会・牧会長が、「借金を減らし、貯金を殖やす。トヨタ系企業の無借金経営化」を提言。市長の回答は驚くものでした。「施設は未来の市民も使う。借金も、未来の市民が払うから大丈夫! 」と言われたそうです。この考え方は、議員組織「市政クラブ」も同様でした。しかし、実生活を考えてみてください。家を建てるのに、全額借金で建てられる人はいますか? これが真実です。常識です。為政者として、根本的な原理原則から外れている気がします。同時に、憤りを覚え、どんなことが出来るのか手探りで活動開始したのです。

子どもを借金返済の道具として良いはずはありません!  

高浜市政の問題点 [施設計画] 

1. 市立病院を「豊田会」に経営移譲し、病院運営の財源廃止は失敗。この7年間で、巨額24億円を提供は大失敗!

2. 市民の財産である「中央公民館」を、高浜分院の「わがまま移転」のため、解体早期化は大問題!    (「今の分院の場所は地形がいびつで使いづらい。建替えが大変とか。」) 

  民間法人のため、使用中の公共施設を解体とは暴政であり、失政です。

3. 中央公民館の機能を「新高浜小学校」に複合化。駐車場確保のためプールを廃止!

4. この複合化のため施設は大型化。建設費は52億円。工期は4か年。子供が犠牲は失政です!

高浜市は、新市役所のリース建設で、頭金も払えないほど財政疲弊と判明!  全額借金の建設計画は無謀です!  民間法人「高浜分院」に過剰なご奉仕は失敗でした。

今後も、高浜分院の経営継続は、財政面や市民生活に大きな負担と犠牲を招くと思います。抜本的な対策が必要です。このままでは美術館の失敗を、また、繰り返すことに。

● 新市役所のリース建設を始め、公共施設の建設費を、全額借金で推進は、未来の市民に大きな負担、負債を負わせる計画であることが明白となってきました。現段階で、既に100億円超の施設借金。この施設計画は、全体では数百億円規模の構想であり、高浜にとって「生き残り」のリスクが、より大きくなり、市民は、正確な情報収集と、未来を洞察することを要する事態。という認識が必要に迫られていると思われます。

* しかし、それは簡単でもあります。まず、「子供の声を聞いてください!

未来の市民は、・病院の移転を要求していますか。・中公解体を要求してますか? ・高小の複合化を要求してますか? ・プール廃止の声を聞きましたか? 全て逆が子の声では?  

・巨額の借金返済の責任を担う彼らの要望、声なき声を、まず第一に聞くべきと思います。  (よく聞くのは「子供だから分からない」ですが、彼らの気持ちを汲み取ることです)

● 残念ですが、現高浜市政は、前代の市長以来「市政クラブ」との長期運営により、議会機能がマヒしていることを、今回、この市民活動を通じて理解出来ました。

 高浜市議会の間接民主主義は崩壊し、市長の独断的な市政運営により進められています。いままで市民は市政に無関心。議員さんにお任せ状態。この結果が今です。

これを立て直しが必要です。どのようにして、改革していくか?   波風立つのを恐れて改革は出来ません。今、高浜を疾風が駆け抜けるがごとく、市民が立ちあがる時節到来と考えています。「住民投票」を求める署名活動は、真に、市民の政治参画の兆しと考えています。

第一歩は「中公解体」を中止し、市民が考え、市民の声による市政運営をめざします。

* 未来の市民に「スモールシティ」に誇りと自信と希望を持って戴くような街にしたいと思います。そんな街にしなければなりません。それが市民として、大人としての責務では、ありませんか?  あなたが立ち上がられることを、ご再考を、是非、お願いします。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp