読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

署名成功の理由  

ご署名ありがとうございました!

高浜市民のかたがたも、ようやく、民主主義に目覚められたのかもしれません。署名による「世間体」や「議員さんとのつながり」。「他人の目を気にして、人とのつながりを重視して、波風立たぬような生活習慣」からの意識から脱却されたのかもしれません。この結果の成果と思います。では、その意識改革がどうような原因だったのか検討したいと思います。

街治し医師団の活躍!

今年2月、今回の署名活動と同じ趣旨の議会陳情の署名活動を実施していました。実は、この時から、高浜市内のお医者様のご支援、ご協力を戴いてました。

今回、最終的には、歯科医さんも含め約13医院による院内での署名活動をご展開頂きました。なかでも、スーパー受任医院さんが数件あり、診察なのか署名なのか分からないほどのお時間をかけて戴いての署名活動とお聞きしています。個別説明ですから説得と納得効果は絶大と思います。 

「医師会さん」達に、ご理解頂き、ご賛同と合わせて署名活動まで、展開頂けるかが大きな要因と思います。まさに「街を治すお医者さんになって戴くことです!」

お医者さんの参画は、署名活動に対する「信頼性」も向上します。

スーパー受任者の出現!

特に、お願いしたわけではありません。自発的に、市政に対する危機感を持たれ、独自に活動開始されました。単独の署名活動も気にされず、朝6時から最寄りの駅に立たれ、次に保育園の送迎時間に。お近くのスーパーの買い物時間に立たれていました。

この署名場所と時間まで計画され、何と、御一人で約1,200筆も集められたとか…。驚異的です。この方の体験談を署名活動の中間発表会にてご披露頂き、多くの受任者に大きな刺激とノウハウが伝授されました。この方、署名開始までは、子守り中心の隠居生活に近い、元教職にあった方です。奥様にはご心労をお掛けしました。 

このように単独活動を推進される方、あるいは、地縁・血縁やお仕事のつながりを絆とする方々を組織化して署名集めを進められたスーパー受任者が市内のあちこちに現れたのです!   街の助け舟のようでした。   

宣伝車で、市内巡回!

高浜市は、スモールシティと自称する程の小さな町です。これも、少人数で活動するには、味方してくれました。東西南北、ほぼ5km程度です。宣伝車は軽四輪で、狭い道も気にしません。実は、高浜の生活道は、普通車では走れないほど狭いのです。この生活道を中心に、5回、6回、7回と巡回を繰り返しました。この狭いとは言え、時速5~8Kmで、一か月間、約600km走破は過酷でした。(実はクーラ故障してました)

更に、この訴求メッセージに「中央公民館を壊さないで 署名お願いします」と、中央公民館のホールでダンス発表が目標の子供達の声で訴えたのです。批判や心配される方もみえましたが訴求効果は絶大であったと感じています。

受任者300人体制の実現!

署名開始時の受任者数は約200名程度でした。半年前の陳情署名の協力者や行事参加者を名簿化して準備はしてました。まさかの直接署名のために。そして、署名開始後も順調に賛同受任者の申込みは増え続け、最終段階では、360名ほどに。市内有権者の約1%に登録いただけました。そして、平均年齢は以前調べた時は、約65才。そう、現役、第一線をしりぞかれ、次の役割として、地域自治の改革に挑まれた可能性を伺えます。そして、女性の受任者が219名と約60%。女性の市政参画意識の芽生えかも?

事務局体制は少人数!

もともと、町内会の会長と副会長のコンビで始めた活動です。最終段階でも、通常のミーティングには、7~8名。市政に疑問を持った方ばかりは共通していますが、基本的には6人は一般市民です。しかし、今思うと、それぞれの方が役割を発揮し、このメンバーだったからこそ、会組織として大きな力を発揮できたのかもしれません。偶然としては出来過ぎのメンバーです。そして、更に御一人、自治体制に精通された方が加わりました。法的な対応に大きな助言や活動方針に示唆を戴けたことは幸いでした。更に、もう御一人、市会議員さんが見えます。市政情報を最速で入手できたことは有利でした。しかし、このような少人数のグループで、市内全体を巻き込む活動が出来たことは不思議です。奇跡です。

高浜市は、政治面では古風な町です。ある関係者も「旧時代的。江戸期のような封建的な市政運営」と意見されたほどの町です。しかし、今回の署名活動は、市民により民主主義の風を吹き込んだように感じています。こんな風が、日本全体に吹きわたる日が来る事を期待しつつご報告とさせて頂きます。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp