読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市の情報非公開Ⅰ 高小の建設費は2校分

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

高浜市は、市政情報を市民に公開せず、秘密裡に推進することが習慣化しています!

  永年、「市政クラブ」中心の市政運営の継続により、市政運営は、秘密に推進が、当然となったのかもしれません。(今、この変革期が来たと思います。市民参加の市政に…)

●例えば、広報たかはま7.15号に、「高浜小学校等整備事業」が掲載されました。

  建設方法を「PFI手法」に決定とありますが、その根拠説明の記載はありません。市の財政効果が説明されず、建設予定額も明示されず決定掲載は不可解です。

●他の建設資料によると高小の複合化建設は「52億円」とか?  このような巨額建設を市民説明を省略して推進は不可解です。市民の疑問や後悔を大きくするだけです。(市民1人あたり11万円の負担です)。秘密に推進は問題です。不信感を招くだけです。  (PFI建設を強引に推し進める理由は、民間企業との不透明な関係が疑われます)

☆更に、最近、判明したのは、市会議員さんが、高小と同規模の複合化建設された小学校を埼玉県まで視察に行かれました。

☆市民に報告は有りませんが、なんと! その小学校は、屋上プール付きで、計23億円で建設されていたのです!  高小は、2校分の費用(借金)を要して建設です。市の説明はありません。秘密ですから…。(高小はプール廃止。今の市政は子共が犠牲になるのを当然とお考えかも…)

● 市長は「限られた財源の中で、市の将来と公共施設全体を考えての判断」と言われます。根拠は説明無しの秘密です。高浜市は言葉巧みに説明されます。証拠が残らない口頭説明です。市民への説明責任を果たされることはありません。

従来までは、これで良かったのでしよう?  しかし、今からは市民重視の市政に方向転換が必要な時代が来たと思います。市民は、民主主義に目覚めたのです! 時代が市政にも変革を要求しています。これに気づくことが大切な時代の到来を迎えていると思います。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp