読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

署名の重み  住民投票を求めて

☆ご署名ありがとうございました。一筆、一筆、ご署名頂いた時のお気持ちや声を思い出します。様々な方が見えました。しかし、思いは一つでした。中公解体は間違いだ !

⇒「中央公民館」は、憩いの場。文化の殿堂。子供の音楽会や発表会場。市民の財産。

⇒「老朽化」と言われるけど、まだ35年。我が家は43年。解体はもったいない。

⇒「中公」が無くなったら、子供が犠牲。ホールが無い町は情けない。恥ずかしい。

⇒「中公」を市はなぜ利用促進を積極化しないのか? 業務怠慢!  お役所仕事の典型。

⇒ 市の一等地を民間病院に渡すのは、市政の判断がおかしい。間違っている。

☆ 公共施設のなかでも「中央公民館」は、市民と密接な関係にある施設であることに気づきました。全市民が利用経験があるのかもしれません。いつのまにか市民の精神的なシンボルになっているような気がします。これを民間病院のために解体は納得できないのは当然の成り行きでもあります。

●これを市は、市長は、議員さんは、4年後の高小体育館に機能移転と説明されますが、市民は、それを、とても受け入れることができないとの意を込めての署名です。

●8.16の毎日新聞によりますと、市長は「署名は中央公民館への哀惜の声として受け止めたい」とコメントしたと記載されていましたが、そのような気持ちに加えて、実に、冷静な判断を下した結果の「署名」であることは確かです。

⇒市民は、ようやく理解したのです。民間病院と中央公民館と比較して、その施設の重要度合に気づいた結果の「署名」です。

☆民間病院に土地と23億円を付けて渡すのか、このまま中公を維持して利用するのか? 

☆高小の体育館が「高浜の文化・芸術の殿堂として機能するの? 座席数だけでは不備」

☆高小を公民館と複合化により、52億円もの巨額の借金建設は異常ではないのか? 

⇒この市民の審判は「住民投票」で決着されると思いますが、ようやく、市民の本当の声をご確認戴く機会になると思います。民主主義よ、ようこそ、高浜へ!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp