読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市の財政支出の特徴  補助金の比率が大 

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

☆愛知県の各市の決算資料を入手出来ました。それぞれ各市毎に財政面の特徴が見て取れます。高浜市の特徴は他市に比較し、極端に「補助費」が高額なのです。何に利用されているのか秘密です。公的な発表は見当たりません。

次の特徴は「投資的経費」が極端に少ないのです。つまり、社会資本と言われる、道路・橋梁・公園・学校・公営住宅等の建設、整備費が少ないのです。

高浜市政 (財政運営) の特徴 

●市に対する声の大きな人や団体に巨額の血税を投入 (個人的な関係)

●「街づくり」という公的投資は、極端に、抑えている (公的な関係)

これも市民無視、市民不在の残念な市政運営の一端が伺えます!   財源の私物化でしょうか?   市民のための、市政運営をお願いしたいものです。

H27年度 各市の決算状況 <普通会計> (百万円)

        歳出総額        補助費                  投資的経費

高浜市    14,260               1,844      12.9%                668      4.7%  

刈谷市    53,449               4,699       8.8%              9,178    17.2%   

市政や財政運営では、バランス感覚をもって、全体の底上げを図ることが大切です。 行政運営において、偏在的な財政運営は致命的な欠陥です。不平等が発生します。高浜の旧市街地の道幅が、あと10cm拡張されると走りやすい道なんですが、狭くて危険が一杯です。なかなか市は改善着手されません。病院重視の市政です。

また、中央公民館を市のど真ん中から、平気で高小の位置に移設し、民間病院に引き渡すことが、既に、バランス感覚を失われている証左であり残念な市政です。市民には不平等な施政です。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp