読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

中央公民館の維持修繕の費用動向  

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

●ある市会議員さんの市政報告書に、中公解体を含む施設計画は、20年、30年先を見据えての計画の一つと明言されています。あたかも、30年先、40年先を見通す力量が備わっているような記述が展開されています。

☆その先見性がありながら、高浜分院に経営移譲したり、不利な協定書を結び、巨額の補助提供が計画通りの事態であれば、誤判断をあえて犯したことになります。

さて、本題に戻り、「中公は壊したほうが安い」と言われながら、施設維持に、年間、数千万円の改修工事や修繕が行われています。この実態をご案内します。

⇒ H22年~H26年 改修・修繕工事 → 「約113百万円」を費やしています。

 何故、数年後、解体を見通した結果、これ程の改修投資をされたのか不思議です。

H25年度の工事例 (工事・修繕 - 22.1百万円)  

 ・電源設備改修 11百万円・空調整備 5百万円・ホール天井改修  3百万円他

H26年度の工事例 (工事・修繕 - 23.7百万円) 

 ・舞台設備改修 10百万円・ホール天井改修 9百万円・トイレ改修  3百万円他

ほぼ毎年整備され近年5年間に費やした施設維持の改修・修繕費は「1.1億円」! 

この中公を今年、「解体」という市政判断は、適正なのでしょうか?  とても20年、30年先を見通したご判断とは思えないのです。

*納税者からみて、税金をドブに捨てられるような使い方は改めて頂きたいのです

*そうそう、市は今後、公民館20年維持は10億円。と言われます。根拠は総務省の標準単価に面積を掛けた目安額で、中味は全く不明な概算です。ご参考まで。

(建物調査し見積作成で判定されるのが一般的ですが、机上で概算判定とは安易です)

この感覚で、公共施設計画の長期構想を立案され、市民に説明される事も無く、施設建設を推進強行は不安や恐怖感を覚えます。この調子で数百億円の施設計画を推進ではたまりません!  市長も議員さんも全責任は自分で負いますとは言われません!

借金返済の責任は、市民に、子に押し付けですから…。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp