読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜分院の移転建設の可能性  県の認可が必要!

・矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

1.病院施設の管理

☆病院の開設や、病院の病床の増加を行う場合、医療法により知事の許可を受ける必要があります。民間病院と言えども、勝手な増床は出来ません。

☆愛知県では、更に、病院開設等を計画の段階で、事前に計画書を提出し、事前審議を受けるという「事前協議制」という方法を採用されています。

☆この病床数は愛知県を地域分割し、各地域毎に基準病床数を設定管理されています。

⇒このように病院管理は厳格な管理体制の基、病院数・病床数を管理されています。

2.三河(碧海)地区の医療体制 

 この病床管理において、地域毎に病床数が管理され、高浜は「西三河南部西医療圏」と言われる [碧海五市+西尾市] を含む地域に属します。手持ち資料によりますと、

  医療圏       基準病床数       既存病床数     差引数 

 西三河南部西        4,508             4,621            △113

⇒ この地域の医療は充実しており、「ベッド数は基準より、113床多いですよ」。

 増設どころか、減らしなさい。という指導を受けているようなのです。

3.高浜分院の移転と増床         

● 不可解なのは、まだ、分院の「移転建設申請」が出されていないようです。

● 病床は「増加は困難なはずですが、移転構想は「100床」を増床?」 

「豊田会」高浜市は、知事の方針を押し曲げて、分院移転を推進でしようか?

  医療業界にも、隠れたノウハウが有るのでしょうから大丈夫とは思いますが?

 (未確認情報では、「50床は、刈総・本院から移す作戦とか…。」)

4.保健所の見解

この地区の医療圏を統括する「保健所」さんの見解は「*移転建設は聞いていない。 *増床は極めて難しい *認可の可能性は疑問」という ご見解を示されました。

5.中公解体後の跡地の行方

 市民として一番心配なのは、中公を解体したが、分院の移転は保留で「更地のまま」という可能性も想定されることです。

 中公は、まだ使える公共施設です。これを解体すれば、もうホール建設は難しくなります。碧海五市で、高浜だけ「ホール」も無い街に!  情けない事態となります!

市は、このまま説明責任を果たされず、施設改廃を推進される行為は、市民無視、市民不在の市政です。黙ったまま「独裁市政」を貫かれるのでしょうか?

⇒ 市民が黙っていては、高浜がダメになります。勇気を持って立ち上がりましょう!

    主張すべきことは、主張しなければならない時代が到来しているのです。

 市民生活において、市民は正しいと信ずるべきことを主張すべき時代なのです!

  高浜に 民主主義を! 住民投票で勝ち取りましょう!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp