読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市の矛盾の施設財政計画  中央公民館と比較

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。 くどくて、すいません。

高浜市の公共施設計画を、市の施設建設計画の説明や、資料から感ずることは整合性に欠け、理解に苦しむことが多々あります。皆さんと考えてみたいのです。

1.施設運営の矛盾

 (1) 市の説明では「中央公民館の運営維持は、財政的に困難」    

  ・ホール天井の耐震補強や空調設備の更新等々、大きな財政負担となる。

 ⇒ 「早期解体が適正」が市の判断のようです。では、その負担金額は? 

2.中公の運営費用 (市民レベルの情報ですから精度は甘いのですが…) 

 (1) 管理委託費 - 高浜総合サービスに委託 ⇒ 異常な高額 (年3千万円) 委託効果??       

 (2) 改修工事費 - 直近5年間で 約1億円 > 舞台耐震化、トイレ改修等々

 ⇒ 中公の直近5年間の財政負担は、推定「約2.5億円」程度年5千万円?

  つまり、4年解体早期化し2億円削減。これを5億円かけて解体は矛盾では?

       更に、解体は「分院」の移転のためです。受益者負担が世の習いですが??

 (新市役所の維持管理費は、年7千万円⊕いきいき広場分。高小は、年1億円超えのようです。学校の 「1億円超」は、巨額すぎて、市民理解を得られないと判断され、市民には「秘密」のようです)  

3.矛盾の財源使途 

 (1) 高浜分院 - 直近8年間で、26億円を補助 中公の運営費52年分相当を補助。 

          市は、高浜分院は「公共施設では無い。「民間病院」と主張されています。

      民間病院には補助しても、公共施設には財源投入出来ない 不可解な市政です。矛盾です。

 (2) 新市役所 - リース建築で 33億円。(なぜ、リノベーション方式にされなかったのか?)。

        今後の高浜の施設は「縮充・複合!」⇒ 市役所は「分離・分割?」。施設の基本方針の矛盾です。 

        リースということは全額借金で建設です。負担は、市民と後世の市民です。

   更に、問題は築後21年目の施設の費用処理です。買取りかもしれません!? 

          (現市役所は高浜のシンボル的な建築意匠に比較し、村役場のような施設建設となりました。残念!) 

 (3) 新高小建設 - 縮充(複合)建設、当初37億円を、説明無く53億円」に増額

   高小もPFI方式の建設で、全額借金で建設です。負担は市民と後世の市民です。 

   (市議さんが視察の、埼玉県の同規模の複合化 小学校は、屋上プール付きで 「23億円」。

    うわさでは、高小が「30億円」高い理由を「埼玉県と愛知県では違う」と説明されたとか…?) 

  ⇒ 各施設は数十億円超!  中公運営費の50年から100年分の財政負担となります。

 市政推進の「53億円」は不問。市民要望の中公年5千万円を問題視は矛盾では?   

  市は、中公を20年維持に、単価係数に面積を掛けた単純試算で「10億円」必要と説明し問題視。

    解体の最終年まで、施設改修を継続の見積です施設解体は重要事項です厳密にお願いします。

 次に、高小建設は、単独26億円。縮充37億円を、説明無しで 53億円変更を強行は 矛盾の市政です。

   建設強行しなければならない 別の理由があるのかもしれません??  負担は全て市民と後世の市民です。

 実は、中公解体⊕高浜分院の移転建設⊕市役所⊕高小建設で110億円超の借金増。

 市の借金を倍増して建設。返済の負担は全て市民と後世の市民です。無責任です

 更に、高取地区の施設の借金建設と続きます。300億円借金事業を市はめざします!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp