読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

「いつ 誰が」特定できず  高浜のハコモノ建設

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

●今回、市長の後援会の会長が主催する「アシタの高浜を創る会」が発行されたチラシを見た、「働き盛りのお父さん」の意見が秀逸で、妙に腑に落ちましたので皆さんにもご紹介します。

● 東京・豊洲市場と同じように、高浜のハコモノ施設の建設責任者の特定は困難です。

  ただ、分っていることは「市政主導者は歴代市長と市政クラブと判明しています」

公民館にせよ、市役所、美術館、高浜分院等々、ハコモノ建設は、与党でもある「市長派」が建設推進されてきたことは、間違いのない事実です。

 これを今頃になって、騒ぎ出して、あたかも責任は自分にない、未来の高浜や、子供のために必要なコトは…と、他の誰かと言わんばかりの主張は責任転嫁も はなはだしい。「500億を300億円に減らした」は当然です。

お父さん曰く…

  「 今頃、何 言うとるの自分達で勝手に作っておいて! 」   「 後始末は市民にお願いって、無責任!! 」

一刀両断に切り捨てられました。

しかし、問題は、今、現在もこの施設建設は強引に進められています。

 その規模は、今年、市役所を筆頭に、中公解体、高浜小建替え、分院補助と続き、合計110億円超の施設計画なんです。そして施設建設の借金返済のつけは「市民と後世の市民」に押し付けです。これが市政クラブの市民を「悪人」扱いの施政です!

⇒ これを変える方法、時代の流れを変える方法、高浜を変える方法があります!

 「住民投票」で「解体反対に"〇''」を付けるだけです!  ご熟考をお願いします。

    たかはまに変革を!   高浜に民主主義を!!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp