読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市の施設財政の感覚を確認!

● 公共施設を評価する上で、市民感覚と異なるのが「財政」です。通常では目に触れない、手で触る事もないであろう巨額の金額が資料に表現されています。

⇒ これを実感できる金額にして、施設を評価してみたいと思います。市も広報等で税金の表し方として身近にするための方法で「一人当たり」これを試算してみました。

(但し、市民情報レベルのため概算です。多少の誤差はご容赦願います)高浜人口 47,200人

1.公共施設の建設費 (含む維持管理・運営費)

  公共施設      建設・運営累計金額(億円)   一人当たり(万円) 

*かわら美術館      80           16.9

*高浜分院        60 (予定)      12.7

*新高浜小学校      53           11.2

比較>(埼玉・美南小) (23)          (4.8)

*新市役所        33.2          7.0

*中央公民館・維持運営   0.5(年)       0.1   

施設建設と運営維持費の市民負担金額をご理解頂けると思います。ご負担額を意識されて利用頻度を上げましょう!  有効利用しましょう!

施設計画は、慎重、正確な判断が出来るよう十分な情報を要します。しかし、今の市の進め方は、市民には秘密で推進傾向があります。お任せで良いのでしょうか?

☆最近の施設問題は、市役所はリース建設。高浜小はPFI方式と、ほとんど借金建設です。市は借金は「市民と後世の市民が返済してくれるから大丈夫」と、どんどん施設建設を進めています。新市役所の進め方も、市民説明もそこそこに着工開始でした。 結果は「小さな村役場のような施設ができ、市役所を分割され不便な市役所です。」市民は20年間で33億円を返済しなければなりません! もったいない血税の使い方です。   

2.施設の年間当たりの維持管理費(推定)

        年・維持管理費(百万、円) 

*新市役所    70 (20年間)→ 21年以降は未定。これ以降が大変なんです。 

*新高浜小   125 (18年間)→ 推定。小学校の維持管理に年 1億円超 !!??

 * 現中央公民館  30   (委託費)  → 委託費が高額過ぎ。改修費は年20百万円。

施設管理会社は、新築初期の維持管理ですからリスク少なく少額で済みます。相当な利益があります。市民は、市役所や小学校の維持費を初年度から支払いを要します。

☆新高小の年1億円超は、適正性に疑問を感じます。市は、この情報を公開しません。秘密で強引に推進です。これを問題と指摘しているのです! 市民に説明責任を果たされることを要求しているのです!   公共施設説明会から、もうすぐ1年を迎えます。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp