読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜小学校の独善主張 - 利用制限の公共施設

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

● 新高浜小の体育館に、中央公民館の機能を移転することになっています。本来、無理なことを強引に進めるため様々な障害が予想されます。検討してみました。

☆弊会は、今の市民ホールの申込みを検討し予約ができるか打診したところ、結果は、休日は一か月以上前に申込まないと先約があり予約は無理だとか。では、「平日」どうでしょう。これも、「予約多く、時間調整が必要」とご回答を受けました。

「中央公民館」は、これほど、市民に利用され、愛されているのです。

⇒ 一方、新高小は「学校の活動時間は、屋内外から校舎部分への自由な出入りを遮断」と、一方的に宣言されています。児童の安全のためです。当然のご判断かと思います。

⇒しかし、公共施設です。新高小の体育館ホールの利用は、平日・昼間の一般利用は出来ない?という疑問が湧いてきます。「市民に相談なし」の一方的宣言は傲慢です。

新高浜小は、学校施設であり、公共施設です。ホールは全市民の財産です。学校の事情で、利用方法を独断で決定は出来ないのでは?  全市民の納得と合意が必要です!  市民の意見も聞いて、施設管理の方法や利用方法を決めるのが学校管理者の責務と思います!

それが民主主義の方法ではありませんか? 独裁的な決め方は、もう終わりにして下さい。複合化施設ゆえに新しい管理方法が必要です。従来の管理方法は使えません。

高小の建設は巨額53億円。他県の学校建設費に比較し、巨費30億円も多い何と2.3倍です。これを全市民が負担します。機能移転するホールは、建設前から、施設利用率の低下が予測できることは問題です。矛盾です。

●市長は「中公の利用率は低い」と指摘し「早く壊した方が安い」と説明され、尚一層ホール利用率が低下する「複合施設」を「巨額建設」は矛盾です。何か他の理由が…?

● 民間病院のため利用中の公共施設を解体し、非効率な施設を強引な建設は、市役所に次ぐ、もったいない 血税の使い方です!  合わせて86億円の全額借金建設は無謀です! これで高浜市の借金は倍増に!   (*全市民一人当たり 18万円超の負担増となります)  

複合化は、万能ではなく、学校施設では児童優先。ホールを平日は使用できないなど納税者である一般市民の利用は後回しの不便な施設になりそうです。当然、ホール利用率は低下します。学校の管理責任の範囲も拡大し、責任度合いも重くのしかかります。

●このように、高小の複合化建設は、財政面も、機能面も、運営面でも、計画破たんであることが明確に建設前から判明しています。が、これにもかかわらず、小に巨額53億円もかけて、不便で矛盾の建設は、もったいない血税の使い方です !

 (*高小の維持管理費は、年1億円超を要する見込みです <市は秘密にして推進です> )

⇒ 市は、市民に単なる納税(ハタラキバチ)機能を要求され、署名の市民は「悪人」扱いです。  市長曰く「施設は後世の市民も使う。借金も後世の市民が返すから大丈夫」だそうです。残念です。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp