読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

中央公民館は公共施設計画の最後の砦! 存続を!

高浜市は施設計画を強行推進に奔走されています。市長は後援会への説明会も開始されました。市民は置き去りが問題です…。選挙対応だけに注力では残念です。

1.高浜市の公共施設計画 (~H40年)

● 市役所をリース建設(33億円)。次いで、中央公民館の解体(5億円)し、高浜分院を移転(23億円)。続いて高小を複合建設(53億円)で一段落。これだけで「市民は114億円を負担です !」 

第二次計画は、H40年まで、高取小、吉浜小、高浜中、港小、南中の大改修に続きます。具体的な借金建設の総額は明らかにされていません。秘密です。

 明らかにされているのは、今後、300億円の公共施設の建設事業を推進されようとしていることです。

2.高浜市政の施設建設の運営実態

高浜市政の特徴は、情報公開されず、市民理解の前に強行建設を推進されることです。

● 恐らく、市政クラブ主導の議会運営が、推定30年以上の長期に渡り、高浜は市政クの思い通り。市民は暗黙の了解状態で反対意見は起こらない。何をやっても構わない。が今までの施政運営だったと思います。よって、情報公開も消極的、必要なかったのです。

3.市政クラブ主導の施政運営の結果

● この結果、平成元年に、約70億円の基金(貯金)があったであろうに、今では、借金約100億円。貯金10億円程度に。市役所や高小建設の頭金も手当て出来ない事態です。

正に、高浜は「キリギリス状態」が、今の財政状態と思われます。にもかかわらず、昨今「施設建設を全額借金で推進」は、余りにも冒険です。折角、借金削減されてきたのに、また「今の施設建設の方法では、借金倍増の事態」となります。市民が犠牲です!

確かに、市長や議員さんは責任を負うことはありません。「全責任は市民です」。

だから真剣に考えたいのです後世の市民の最大幸福を考えた施設建設としたいのです。その第一弾は「中央公民館の存続」です。分院のための解体ではありません。

4.公共施設計画の今後  

今回の高小の複合化計画は、当初、市長と行政とで、市内全域で説明された 財源の削減効(▲12億円)は破たんし実現不可能に!  訂正説明も無しで現在に至っています! 

逆に16億円も増額の施設建設(53億円)を、市民に秘密で強行は正常な施政運営とは思えません ! 

高浜市自治基本条例」にあるように、市民と議会と行政の三位一体による、施設計画の立案と推進による「まちづくり」を進めて頂きたいと思います。この要請、今回の住民投票を求める署名、1万5千筆弱が証です。

 市民は市政クラブの変革を求めています。長い歴史に逆行ですから抵抗感があるのは理解出来ます。今、この変革の過渡期なのです。したがって、意見交換の度量があれば、方向転換の勇気があれば、きっと時間が解決してくれると思います。

 高浜を変えませんか?  後世の市民に誇れる高浜に!!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp