読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

複合施設の建設選定委員は適正か? 学校関係者だけで選定?

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

高浜初の複合化大型施設の建設見積が出され、業者選定に入られるようです。

 入札書類の審査メンバーを調べてみました。複合施設なのに全て学校関係者なのです!  

 これは問題です。不適切なメンバー選定です! 「複合化施設は、まちづくり施設です」

⇒ ご参考までに資料から抽出してみました。

 高浜小学校等整備事業事業者選定委員

 委員長 奥野信宏  梅村学園理事・中京大顧問

 委員  鈴木賢一  名古屋市立大学 教授 

 委員  山本理絵  愛知県立大学 教授

 委員  神谷坂敏  副市長 

 委員  都築公人  教育長 

 委員  中川健二  高小校長 

確かに、教育面では見識ある方々かと思いますが、学校施設の選定ではないのです。

今後、70年間の高浜市の中心となる施設建設を選定頂くのです。「まちづくり」施設なのです。学校関係者ばかりで、市民不在は問題ではないでしようか?  更に、高浜市に居住実績の無い事も疑問です。「高浜」のまちづくりをどのようにお考えなのでしよう? 

本当に「新しい高浜のまちづくり」に適正、適切な施設建設の選定を外部の方々に委託してよいのでしょうか?  どんな選定責任を担って頂けるのか不安です。

市民の「まちづくり施設」は、市民自らの選択で決めることが最重要と思います。

この複合施設建設に関し、市(市長・議会・行政)は、学校建設を前提に進められている事は、手落ちです。複合施設 故に、市民の選定参画は必須条件と思います。

 何より「まちづくり」は、市民・行政・議会の三位一体と条例制定されています!

 市民を「悪人」扱いせず、これからの「まちづくり」のご認識を改めて頂きたいと思います!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp