読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

中央公民館の機能移転 - ホール仕様

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

1.複合建設の有効性は疑問??

● 市は、公共施設の複合化により、財源の削減ができると提唱し、単独建設では500億円が、複合化により300億円に削減できると提唱されています。

 それを検証の第一弾が「高浜小学校」の複合建設です。結果、何度も記しますように、「計画37億円」が、対象施設であった図書館・幼稚園等を省き「▲10億円」を図ったのに、現在、市民説明無く「53億円建設」を進めています。市民を騙し討ちの計画です。結局、複合は170%増です。よって複合300億円構想は530億円に増加見込みです

⇒ *この経緯説明は、議会内にだけ限定説明。市民不在の計画であることが問題です。

  *新高小同様、施設構想「単独500億円、複合300億円説」は破たんしています!

    *議員さんは、責任無しの説明です。全額、市民と後世の市民負担です。

 (俺が全責任を持つ」という議員さんが誰もいないのが証拠です!! 無責任な説明です!  要注意です)

2.新高小(53億円)のホール機能の移転効果?  

舞台面積は「1.5倍」と宣言され、設計は「現状とほぼ同じ」。

椅子は「700席」と言われますが、前の400席は「パイプ椅子」。主催者が設置。

 (年20回も使われないであろう後席300席は「ロールバックチェア」らしいです)

これが「53億円」を負担して「高浜の文化の殿堂」とは恥ずかしい限りです。

「53億円」施設は恐らく高浜初の巨額施設。少なくとも、現公民館ホールより素晴らしく、現翼小学校より素敵な学校施設となるよう切に願うばかりです。

同じ仕様の施設建設では、血税負担の納得が出来ません!! 説明の早期化をお願いします。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp