読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

議員さんのチラシ - 読後の感想

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

● 最近、議員さんや後援会の方々が、「チラシ」発行を積極化されています。ようやく、本来のお仕事に励まれているようで何よりです。

● しかし、一読すると説明方法に共通要素や、注意点が浮かびます。 

1.議員さんのチラシ説明の法則

 ① 議員さんの主張されることは、美辞麗句を並び立てる。 

 ② 効果は、市民が喜びそうな、一般論を定性的に説明する。数字少なく文字多い!

 ③ 賛成要件の「税金負担額は、絶対「数字」で表さない。言葉で表現」

 ④ 反対要件は、「税金負担額を明確に数字で表し、強く訴える」

2.市民側の注意点

 ① 議員さんの説明は、必ず資料を要求する。発言内容を確実に残る形にする。  

 ② 費用対効果 (コストパ)を、それぞれの要件について確認する。

 ③ 定性的な説明を、定量的な表現にするよう質問等で確認する。 

冷静に、理論的に考えてください。感情的に納得すると、あとで勘定(税金)の負担が、数十億円単位で残ります。最近の施設建設は頭金無しの全額借金建設が主流です。

しかし、全く理解出来ないのは、鉄筋コンクリートの寿命は、100年以上とも言われますが、高浜市は、公共施設の築30年~35年は老朽化と主張され、財政負担となる。早く壊したほうが安い」と市民に説明されています。

 一方、公共施設のあり方計画では「施設は「賢く使います」。施設寿命は「70年」を目標に維持管理します。税金を大切に使います」と記されています。

 どちらかが、虚言説明されているのです。常識的な判断では後者の方針が正しいと思われます。

 市長や議員さんは、市民を騙してまで施設解体を進めるメリットがあるのでしようか?  豊田会の高浜分院を優遇すべき理由の説明はありません。(何故、60億円も支援?)市民には、分院との関係を隠されている残念な市政です。

 ☆このように矛盾だらけの適当な説明で数十億円の施設計画を進められ、市民を「悪人」呼ばわりの傲慢な施政態度は、改めて頂きたいものです。市民と子供が犠牲です。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp