読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市政 - 二元代表制の崩壊 (限りない負債負担)

 ● 議会陳情の署名約1万筆を否決以来、高浜市市議会制度に疑問を感じています。

1.市議会の役割 (二元代表制の機能)                                  (判定:施設計画に関して

市議会は市民に代わって、その声を市政に反映する。         (✕✕✕)   

・市長と市議会は相互のけん制・抑制と均衡によって緊張関係を保ち続ける。 (✕✕)

・市民には、説明責任と議会報告を果たす。              (✕✕✕)   

⇒ 現議会は、これら全ての本来の役割機能を履行されていないと実感しています。

・また総合計画は、みんなで高浜市をつくっていくための「設計図」。と有りますが、新市役所の唐突な建設着工のように、独断的に進められているのが実態です。

⇒ 最新の総合計画では、合計300億円事業を、今、市役所の建設、次に、中央公民館の解体を皮切りに開始されようとしています。しかし、市は、議会は、議員は、説明責任を果たされず、強引に、且つ、秘密裡に推進されようとしていることが問題なのです。

それは、過去からのハコモノ建設の失敗例が物語っています。確認してみましょう。

2.市政の失敗例 (特に、ハコモノ建設に特化して記します)  <費用対効果の面から評価>

* 失政第一 : かわら美術館」 合計80億円 <市民一人当り17万円負担>  

     (碧海五市の統合を前提に美術館を建設。市の負担が極大化の第一要因。

      今では「鬼みちまつり」の拠点利用。年間1億円超の運営補助を継続中)

                  (結局、瓦を美術鑑賞の方は極めて限られ、特殊な施設建設となりました)    

* 失政第二 :「豊田会」高浜分院    合計26億円 <市民5.5万円負担>~計60億円見込み 

      市立病院の経営破たんに伴い「豊田会」に経営移譲協定書を交わす。                                                                               (*この経営破たんは「仕組まれた」可能性があります) 

     ( 7年間で26億円補助!  *更に30億円超の補助追加の見込み<市民13万円負担>)

               (→*現病院を建て替えに根拠のない20億円(限度)補助を約す。別途3億検討中)

               (→ 高浜だけ救急費用や本院の医療設備も負担協定! *東浦・知立は負担無)   

 * 失政第三 : 新市役所 合計33億円 <市民7万円負担> 

       庁舎を狭小建設。小さな組織を分割し行政効率低下! リース建設33億円。

      リース終了20年後の市役所施設の措置は、解体か買上げか不透明なまま? 

       (→公共施設のあり方方針(縮充)から逸脱した建設は矛盾の市政施策で、                               現市役所をリノベーションし、いきいき広場を統合すべきでした)  

                    (市民説明会は着工3か月前。形式的な説明で市民理解前に工事開始)                   

* 失政第四 : 高小建設にPFI方式を採用建設費53億円 <市民11万円超を負担>

                   工期は長期4年(埼玉・複合小学校は、屋上プール付きで23億円! 高小は⊕30億円増!)    

           (中公を機能移転のため駐車場を増設し プール廃止。運動場を狭小化 !)

      (→民間プール建設にも補助負担の可能性有り)

    ⇒ 市民説明会は「37億円!」いつのまにか「53億円」は詐欺まがい同然 !

以上で計210億円超を費やすことに <市民一人当り45万円×家族人数を負担>

これらを市民に財源や建設仕様の説明や情報公開をされず、市や議会 (市政ク) は、一体となって推進されてきたのが「高浜議会政治」の実態です。もう任せてはおけません!!

● 更に、今回、総合計画を立案され、推定300億円計画を強行推進のようです。これでは独裁市政と非難されても不適切とは言えない事態です!!  (市民一人当り 60万円の担) 

⇒ 更なる問題は、全額負債の返済責任を市民に押し付けて、任期が終われば門外漢と主張され無責任な対応となることが多分に予想されます。これでは市民が犠牲です。

3.これからの まちづくり

☆ 幸いにも、高浜には「自治基本条例」が有ります。市民と行政と議会が三位一体となって「まちづくり」を進める道を示された崇高なる条例です。この根本方針に立ち返り、新生高浜をめざすことが全市民に与えられた課題であり責務と思います。

  (市政クラブは、自治基本条例に基づき活動する市民を「悪人・悪さ」と言及し、「署名を撤回しろ」と恫喝されたり、市民に傲慢な発言態度です。これが議員の本性かと思うと情けない限りです!)

コンパクトシティ・高浜の「まちづくり」を市民参画で進めたいと思います!

☆ 市民の役割は「市政に政策提言と協働参画」です。今、市民が立ちあがるときです!!

この方法が「11月20日・住民投票」の 意志表示です!!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp