読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

住民投票を 「棄権」は 「危険」 !!

☆今回の住民投票の要点を記します。

1. 高浜市の公共施設建設計画「300億円事業」をご存知ですか?

 昨秋から市内五か所の各学区で説明会を実施。市は説明責任を果たしたと言われるでしょうが、たかだか参加者は五百人足らず。市民1%に説明すれば良いとはこれも乱暴なご判断で、ご都合主義的なお考えかと思います。

(*高小を皮切りに高取、吉浜、港等々、各小中学校を中心に施設計画を進められる予定です<計280億円+α>)

(*注: 高小37億円計画時、280億円。現在、高小は53億円(+143%増)にて推進中。約400億円まで増大か?)

2. 住民投票の真意 

 住民投票に先立ち市内全戸に「公報」が配布される予定です。この内容は、主張を簡単にご理解頂けるよう中央公民館の解体の是非に絞り込んでいますが、その背景には公共施設計画300億円事業の推進是非が含まれているのです。

今後30年間、高浜の公共施設計画の推進是非を問われる「住民投票」なのです。

3. 住民投票は むつかしい

 いきなり「公共施設300億円事業」と言われても とまどわれるかと思います。いかに、市や議員の説明責任が果たされていないか、お分かりいただけるかと思います。

この投票で「賛成」は「300億円事業」を承認となります。ですが、投票は『棄権』でも、この「300億円事業を承認」になるかもしれないという曖昧な判定となります。

『どちらともいえない』『よくわからない』から「棄権」は、だめです。棄権は中立ではないのです!  賛成と反対の選択肢しかない住民投票で棄権をすることは「態度保留」ではありません。

投票率が50%未満であれば「賛成」となるかもしれない。投票率が50%以上であれば「住民投票の優勢側に賛成」という曖昧な意思表示となり「棄権」は「危険」な ご判断なのです。いづれにしても棄権は未知の世界となます。 

4. ゆっくり考えたい人は「反対」です!

  ゆっくり考えるためには「中央公民館」が残っている必要があります。中公が残っていればこそ「ゆっくり考えよう」ということが出来るのです。と、なると「よくわからない」「どちらともいえない」という人の投票行動はただ一つ…。

『 11月20日「反対」に投票が最善の選択肢です』

 もちろん 期日前(不在者)投票も 市役所で出来ます!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp