読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

これからの「まちづくり」のこと

街宣車で市内走行にも慣れてきました。お騒がせしまして、すいません。あと、二十日ほど、ご容赦戴きたくよろしくお願いします。

街宣車運行も人生初体験ですが、よく考えてみると、高浜の市街地、住宅地の街路を走るのも初めてのような気がします。第一印象は「道幅の狭さ」です。時々、私有車で向かうのですが「キズキズ」になりました。狭い上に、植込みの樹木の枝ははみ出し、路肩には車から家を防御のためであろう縁石はおかれ、曲がろうにも曲がれず、ぶつけながら曲がるというはめにおいやられます。

☆最近は、これが高浜の町の特徴と諦めていますが「まちづくり」でこれを逆手にアピールする方法は無いものかと考えあぐねてもいます。ハコモノづくりより、まずは、道路構造を改善することが最優先とも思います。但し「拡張」すれば良いというものでもありません。この辺りを市民の皆さんの智慧や協力を重ねながら進めて頂きたいとも思います。

高浜市制もうすぐ50年。歴代の市長、議員さんは、どのような施策を打ち出されたのでしょうか? その痕跡は見当たりません? 放置状態が実態です。これも残念な施政です。

☆さて、心配なのが、万が一の大災害対応です。幸いにも、最近、台風も地震三河地区を避けられているように思いますが、だから一層不安にも感じます。そのうち、絶対「未曽有の大災害」に襲われるのではないかと老婆心ながらの心配をしています?

⇒ 各ご家庭におかれましても「防災対策・避難対策」のご準備をお願いします。 

☆ そこで、気がかりなのが「消防車」です。正確には把握していませんが、高浜市街地に最適な「消防車」は「軽四の4WD消防車」と思いますが、市内に何台ぐらい保有されているのでしょうか? 細い街路走行は絶対無理な大型消防車はよく見るのですが「軽四消防車」は見たことがありません。コンパクトシティ高浜には最適な防災車両なのですが?

⇒ これからのまちづくり「防災に強い町」には必須機能です。各消防団に「軽四消防車の増車配備」が必要です。ハコモノ建設より優先される施策かと思います。

高浜市は県内で「消防関係の財政投資が最も少ない」のです。(補助費はやたら多い)

● ちょっと横道にそれましたが「街宣活動」から得た体験提案です。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp