読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜の公共施設 – なぜ 住民投票なの? Ⅱ 

☆ 今日の中日新聞の1面トップに「高浜市住民投票」が記事掲載されました。

 憲法発布記念日にちなみ「地方議会」のゆがみを指摘する記事でした。そう、高浜市に限らず、地方都市の議会政治は民意を忘れた施政運営が常態化しているようです。

 今回の住民投票は「高浜市民が民主主義にどれだけ目覚めているかも問われる投票」でもあります。以外に全国から注目されているのです。岐阜や京都からもお問い合わせを受けています。ネット情報は世界を駆け巡っていることを実感してます。

1. 高浜市住民投票の意味 (再確認の意味を込めて)

高浜の公共施設は、高浜分院・市役所・中央公民館・かわら美術館・小、中学校と様々な施設があり、どれも巨額の税金で建てられています。

⇒ どの施設も思い起こせば、選挙対策のため、いたずらに増設の結果なのです。責任は議員さんにあります。

● 今回の問題は、市民や児童が利用中の築35年の「中央公民館」を老朽化、解体と宣言され、跡地に高浜分院を移設すると、昨秋、市は、市民説明前に突然、新聞発表!!

高浜分院は「療養型」で、救急・休日・夜間診療を廃止。築31年も老朽化と説明。市長は豊田会理事。当初、市は中公解体は分院移転とは関係ないと否定でしたが、最近は「影響はあった」と肯定されています。

● この「豊田会」が運営する高浜分院を建設のため、更に、20億円を補助するという計画です。これで「豊田会」に経営移譲10年程度で、合計50億円超える補助となる見込みです。市はこの補助額を公表せず秘密裡に進めてきました。

まったく市民無視の、まちづくり、ハコモノ計画、分院補助が進められています!

● 本来、市や議員さんが市民に施設計画を説明され、市民の納得、理解をもって施政反映されるのが筋ですが、議員構成が市長派の「市政クラブ」が過半数を超える議会構造のため、ほぼ独占(独裁)的に市政運営されています。説明責任は省略の市政です。

● 新市役所も、着工3か月前に市民約40名に説明しリース建設開始。最近になって市民は怒り始めました。

⇒ これらに市民は立ち上がり、結果は署名1万 5千筆を持って「住民投票」実現です。

この署名運動を推進の市民を、議会で市政クラブは「悪人」と言われ、署名活動を「悪さ」と言及されました。これが選ばれた議員さんの発言とは残念です。 

ハコモノ計画を市民参画で決めたい』⇒ これを「住民投票」で求めるものです!

 ● これを「賛成」されると公共施設計画300億円事業が開始されます!  市の借金は、将来、現100億円に数百億円が加算される計画です。

● 市長や市政クラブ議員さんは「施設は後世の市民も使うでしょ。借金も後世の市民が払うから大丈夫」と、借金返済は、子ども任せが市政方針のようです。

住民投票」で  後世の市民に責任ある態度を示そう!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp