読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

住民投票に「賛成」 は 公共施設300億円事業を追認です!

高浜市の情報提供は若干、不親切なところがあります。

1.高浜市公共施設総合管理計画 ⇒ 高浜HP : 公共施設のあり方検討について

☆ 今年三月付けで「公共施設総合管理計画 - 公共施設推進プラン」が、市のHPに掲示されているのをご存知ですか?  今後、30年間にわたる「施設建設」の計画です。 

☆ 本来「広報たかはま」等に掲載し、市民の周知をはかるべき重要な情報なのですが、未掲載と思います。市は、HP掲載によって全市民に周知しているとしています。

● 実は、この計画「総額300億円事業」なのです。構想計画ですから実際には、高浜小計画のように「400億円事業」に膨らむ可能性のある事業計画です。これが分からないよう個別の施設計画の資料となっています。高浜市は、不親切なのです。

更なる大問題は「住民投票」に「賛成」は、この「300億円事業計画」を追認することになるのです。市の説明はありません。投票責任は市民任せです。

2.公共施設推進プラン

● 初めに「高浜小学校の建替え計画」が掲載されています。 

⇒ 平成29年着工~平成34年竣工。事業費4,950百万円。幼稚園360百万円。

● 以下、高取、港、吉浜、翼、そして中学校の計画が掲載されています。

⇒ これらの計画の更新費を合算すると「300億円事業」となります。更に、注意して、各学校の建て方に着目すると、まず「大規模改修」をして、その後、15年程度が経過後、「建替え」をされる計画です。

☆ 例えば「高取小学校」は、平成31年~32年に「大規模改修 - 10.5億円」。13年後、平成46年~47年に「解体 - 建替え - 20.4億円」という計画です。

⇒ 一般的に大規模改修は、次の建替えまで約30年程度を見込むものですが「高浜市は、『大規模改修』を実施し、短期間経過後、『建替え』を計画されています

☆ これを全学校分を合算すると「大規模改修 - 82億円」、次に、平均15年後の短期間に「建替え - 120億円」を費やす計画であることをご認識戴きたいのです。

 市は、中央公民館の早期解体同様、また、学校建設でも「大規模改修」で巨額を投入し、短期間で「解体 - 建替え」を繰り返す計画なのです。

⇒ このような「もったいない計画」を市は計画し「市民説明を省き」「計画推進する」のが高浜の施設計画です。喜ぶのは「建設会社」で、負債返還は市民と子ども任せです。

● この300億円の巨額事業の恩恵を受けるのは、恐らく市外の建設業者となるでしょう。地元への還元効果が少ない事業となる可能性が高いのも問題です。新市役所や新高小と同様となるのです。

住民投票」で 中央公民館の解体に「賛成」は、

   各学校の大規模改修に「82億円」を投入し、その「15年後に解体 - 120億円で建替え」という

「もったいない計画」に賛同となるのです! 

  市民参画による計画策定が「まちづくり」に必要です!

      今一度、ご再考をお願いします !!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp