読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜の施設建設の責任は市民ですか ??

● 矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

☆ 今の市の施設は誰が建設推進されたのでしょうか?  市民の責任でしょうか?  議員さんは『将来の高浜へ向けたまちづくり』と主張されますが、今まで、将来を見据えず建設推進された結果が現状なのです。この対策として『高浜小の複合化』を推進されようとしていますが、なぜ、市役所は複合でなく分離なのでしょうか? 

☆ 市民目線では『矛盾』の建設計画に映ります。これで、今後、中央公民館の解体を皮切に『300億円事業の施設計画』を進められては、本当に、後世の市民は、市政の矛盾建設の犠牲となり借金返済の市民生活となります。

● 市政クラブ議員諸氏へ!  *40年先が見えるそうですが、市民を「悪人」と反論されるなら『責任は俺が持つ』と証文付きで宣言してください!!!  なら『信用』します!

1. 高浜市政の施設建設事例   <血税230億円の費用対効果が疑問です (*分院≒60億円)>

かわら美術館 *H7(1995)完。建設から今期運営まで「85億円超」を投入。今後、数年間の運営状況を見て継続可否を判断とか。わずか20数年で運営破たん! 責任は誰に?!

市役所 *S52年(1977)完。鉄骨鉄筋コンクリート造の施設をわずか39年で更新。建設説明は着工3か月前に市民説明。床面積を半減し狭小施設。こども未来部を「いきいき広場」に分離。資金はリース建設とし「33億円計画」。現庁舎を耐震化すれば「17億円」。倍額を掛けて、20年後、解体か買取りか対応方針は未定。

高浜小の複合化 *高浜小のPTAに説明。施設は13施設を複合化し「37億円」。単独建設より「▲12億円削減」。翌月、議会で「10施設-53億円」に訂正発表し議会通過の模様!! 市民説明無し!  (全市民11万円負担/人に相当。市民に少額説明し賛意を確認が狙いのようです。「ペテン作戦です」)  

高浜分院の協定 *民間に経営移譲の施設に巨額補助。現在8年目で約26億円。中央公民館跡地に移転建設を検討。新たに移転協定を作成し「20億円」。更に名目を変え「3億円」補助追加を検討中の模様。⇒「経営移譲」の意味の説明を戴きたいと思います。

どれだけの血税が無駄になったのか?  もったいない!          

2.市や市政クラブによる施設建設の責任

☆ 新市役所 の一期工事が完成したそうです。うわさでは、床面積が狭く、ゆとりのない施設だそうです。この施設、あと20年間は利用となりますが、使いづらい施設建設の責任者は誰なのでしょうか ?  明確にして頂きたいと思います。

●また、現市政クラブ議員の名を記憶に留めておきたいとも思います。狭小市役所をリース建設推進された議員として。  

⇒ 公共施設計画の立案推進は 市民参画が必要です。

  上記の施設例のように失敗続きの市政実績です。誰も責任を取られようとしない無責任議決の結果です!  

     今、市民が立ちあがる時節到来です!!   このまま300億円の施設事業を推進は「たかはま!・あぶない!」

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp