読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

読者の声  議員さんの先見性は疑問?? 

ブログを見て高浜市の公共施設の将来が議員は見えると記載されていました。

☆ 公共施設の失敗は、なんと言っても「駅前再開発」だったと思います。

 駅前(*三河高浜) 再開発での大きな起債が、その後、高浜市が道路の舗装や横断歩道のラインが消えている現状を生んでいると聞いたことがあります。 

☆ 再開発の計画当時は、商業施設を誘致してにぎわいのある財政豊かな町となるはずだったのに、いつのまにか福祉大学の専門校に代わってしまって、結局、専門校もヤオハンも撤退してしまい借金だけが残ってしまって一生懸命返済してきたのが実態でしょう?

☆ その借金がなくなってきたところで、「52億円」もの大型の公共施設の建設をすればまた借金を返すことに精いっぱいで、道路の舗装や横断歩道など、生活に必要な修繕費をけずって返していくことになると思います。  (*市役所33億円リースも追加です)

⇒ (*確かに愛知県内で土木関係の予算が高浜市は極端に低いのです。教育費や消防費も低い!   原因はこれか~?) 

こんなことを繰り返してはいけないと思います。

議員さんは本当に将来を見通しているのでしょうか。

☆まずは駅前再開発の失敗を検証してから、既存施設の有効活用などを含めた公共施設の在り方を検討すべきではないでしょうか?    (*その通り~) 

議会は、このような失敗を隠して「将来のため」と言って市民から信用してもらえると思っているのでしょうか。                                                                   (以上)

⇒ *市役所の「いきいき広場・分離運営」は この失敗を隠す手立てだったのですね~

    * H8年4月 広場オープン。20年前の施設計画の失敗。市政クラブは反対されたのか??

☆ 施設計画の真実が判明!!

 そう言えば、中央公民館の解体早期化の本当の理由は、 「商工会」の土地使用期限前に補助を議決だったようです? 

 (* 商工会の土地使用期限はH29.3.31。これを前提に今年6月、補助議決。違法かも?) 

⇒ 議決を早めなければ「商工会」は自費で事務所を解体し、移転場所を探すことに?

 議決早期化により、解体費無償。更に、移転補償や移転先の改修費「約7千万円補助」が議決されたのです。  (*この補助を画策されたであろう方は、今、どこに? )

(*市政クラブ 議員諸氏 → 本当にご存知無く「補助賛成」されたのですか? 安易ですね~)

 もはや高浜市政は私物化されています!  市民が犠牲です!!

矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp