読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

『 中央公民館を使わせてください !! 』

13日まで、利用していたのに、即解体でもないのに、「中央公民館の使用中止」の継続は市民いじめ」も同然です。

なぜ「商工会」は利用出来て、「市民」は閉め出し!!  

 なぜ「商工会」には補助費を提供し、市民は「納税」!! 

高浜市議会(市政クラブ)は、市民の意向を無視して、勝手に中央公民館の利用中止を議決し、その後、解体延期にもなったにも係わらず「使用中止」の議決のまま放置では、議会対応として怠慢・横暴ではないでしょうか?

環境条件の変化に応じて、臨機応変に、即時的な対応をすることが、市民に近い議員活動、議会活動と思います。

さかんに「街宣車を回して『解体賛成』を叫んで市民の同意を訴えています」が、「中央公民館の使用再開を要望」の市民の声は聞いて頂けないのでしょうか?

☆ 議員さんの第一の使命は「住民要望を議会に届ける事」とあります。

⇒ これが、二元代表制の基本的な機能です。これを無視されて、市民に説明責任を果たされることも無く、いたずらに「中公解体ありき。施設建設ありき」で一方的な、市政活動は、本来の使命を忘れられた行動で誠に残念です。

今日も弊会の街宣車の「解体反対」の声に合わせて、小学生(中学生)は、一緒に        「もったいない」を連呼してくれます。これが市民の生の声、心の叫びと思います。

 

『今の議会運営は異常です。市政に新風が必要です』

   今、たかはま を 変えることができるのは、あなた!

 たかはま 市民が 立ちあがることです! 

 住民投票が市民の意志を訴えるチャンスです!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp