読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

施設問題  高浜分院との協定改正

☆ 今回の住民投票を受けて、ようやく、市会議員さんが本来のお仕事を遂行されるようになりました。方向は違えども喜ばしいことです。日頃から働いて戴きたいものです。

☆ さて市政クラブさんは『将来の高浜へ向けたまちづくり』と主張され、中央公民館を解体し『公共施設建設300億円事業』を推進しようとされています。

⇒ しかし、その前に従来からの市政問題として『「豊田会」との問題 - 不平等協定』があります。これにメスを入れることが市政の重要課題なのです。

(* 市長は「豊田会」の理事を兼務です。副市長は「豊田会」運営委員>

1. 将来のまちづくりは現状の問題解決から ⇒「豊田会」との不平等協定の是正  

☆ なぜ、この問題に取り組まれないのか不思議な市政、議会です。市民目線では『矛盾』の施設計画に映ります。これでは、本当に後世の市民は、矛盾市政の犠牲となり借金返済の市民生活となります。

⇒ この豊田会問題を放置したまま施設事業を推進は「たかはま・あぶない」のです。

2.「豊田会」協定を再確認

H21年2月、広報たかはまに「市立病院の経営形態が変わります」と発表されましたが、何ら説明会もなく突然の広報案内だけでは市民は理解出来なかったと思います。 

(*市政・市議会は市民説明を省き、独断で決定されたと思います。横暴な市政です。)  

豊田会」との不平等協定の内容 <全て高浜市負担>       10年間の補助推計

資産譲渡  土地は無償貸与。建物・医療機器・備品は無償譲渡。   (推定10億円)  

財政支援  経常損失を限度とし、病院運営補助を行う (赤字補填)      24億円

建築補助  20億円を限度とし、病院の改修経費を補助する。             22億円

医療補助  地域医療・救急医療・高度医療のため、毎年7千万円を補助7億円

このままではH30年までに「豊田会」へ「巨額60億円」を補助となる見込みです。   

    (*なぜ、中央公民館 20年維持-10億円を強く解体材料にされるのか矛盾の市政です)

 * 市政(議会)は、協定を放置して「300億円事業」を開始しようとしているのです。

市長の手足となって「アシタの高浜を創る会」と共同で「解体賛成」も本来の市政から逸脱された活動も残念ですが この「協定・改正」こそ議員さんのお役目と存じます。

3. 「豊田会」への更なる優遇策 

この協定書には、今回の中央公民館を解体跡地に移転の記述が無いのは勿論、「移転」の文言はありません。あくまで「現在地において建替え」が条件なのです。

これを指摘の結果、現在、新協定を検討が始まっています。更に、新しい補助名目3億円を追加して…。市政クは、市長に右倣えで 反対、苦言、改善提言は無い模様です

まったく『高浜市政は「豊田会」ご用聞き状態』なのです。なぜでしょうか?? 

   (*市内にある「トヨタグループ」企業が「手かせ、足かせ」になっているのかもしれません)  

☆ 市政クさん → この追求糾弾を市民任せでなく 本来の責務遂行をお願いします!!

          (*こんなことを書くとまた「悪人!」と言われるかもしれません)  

4. 市政の是正 - 「豊田会」高浜分院対策 

この失政 [豊田会・協定書] の是正を求めます!!    

   この「協定」を放置放任は次々と補助要求の継続です!  

「もったいない血税の使い方です。まだ泥沼は続きます」

この泥沼から抜け出す方法「住民投票 - 反対」です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp