読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市政の施設計画の矛盾  総集編

●矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

高浜市の施設計画は様々な矛盾を引き起こし巨額の血税を無駄としてきました。 今、中央公民館を解体し、更に巨額の無駄を重ねようとしています。

☆ しかし、一方では、高浜を変えるチャンスが訪れようとしています。「住民投票」に勝利することが絶対要件です。

● 市長と市政クラブの独裁市政にストップをかけなければ「公共施設建設300億円事業」が開始される可能性が高くなります。返済は後世の市民任せです。 

1. 高浜・施設計画の矛盾例 (今までの説明をまとめ) 

(1) 中央公民館:過去五年間に1億円超を掛けて改修維持し、突如「解体」はもったいない!

  ⇒「思い付き」でなく「計画的」に施設建設の推進をお願いしたいと思います。 

(2) 高浜分院: 民間病院に「経営移譲」と言われ、巨額(現在26億円)補助は矛盾です。

  ⇒ 今の協定は「現在地で建替え」。公共施設を解体し民間病院に提供は暴政です。更に、建替えに20億円。加えて医療補助3億円を検討中。「合計60億円」を民間に補助?!  

(3) 高浜小学校:新高小は「まちの複合施設」です。施設計画を教育関係者で検討中! 

  ⇒ 市民の声を反映しない施設づくりは不安です。また失敗の繰返しです。

(4) 高小建設費:新高小は「建設費53億円」。市民説明無しで、翼小建設費×3倍超!!

 ⇒ 議員視察の埼玉・複合小学校は建設費「23億円」。市民説明抜きの建設は暴政です。

(5) 公共施設:施設更新は、60年から「70年に延長」と「施設あり方計画」を発表。

 ⇒ 市役所39年、中公36年、分院31年と、短期更新は「もったいない血税の無駄使い」  

(6)  商工会館:なぜ「商工会」は今でも利用出来て、「市民」は閉め出し!!  (11/16) 

 ⇒ なぜ「商工会」には移転補助(約7千万円)を提供し、市民は「使用禁止⊕納税」?!!

(7) かわら美術館:建設費から運営費の合計は「85億円!」。「年間運営費 1億円超」。

 ⇒ 中央公民館の運営費は「年22百万円」。市政は比較検討されないのですか?

(8) 新市役所:今後の施設は財源削減のため「複合化」が基本。市役所は「分離建設」

 ⇒ 現市役所を耐震工事「17億円」。新市役所は「リース建設・33億円」。削減効果?

      (* リース期限20年後、解体の可能性もあります) 

(9) 駅前開発:今の三高駅前の実態が証拠です。高浜・借金都市に陥落の原因です?

 ⇒ 市は駅前開発し、財政収入と発展を確約されて、超巨額の血税を投入の結果です!

 ☆ 独裁市政の公共施設の矛盾の建設は まだまだ続きます。

 ⇒ 住民投票」で市政に変革を!  今のままでは やばい !

  後世の市民のために !  もう 失敗は許されません !!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp