読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

住民自治がめざす市政のあり方

弊会は、その発端が町内会役員活動でした。「築35年の市民センターを老朽化・解体の方が安い」なんて信じられません。「何か裏がある」と思うのは大人の常識です。

1. 市長のコメント 

● 「目の前の課題だけでなく、市の将来像を含め総合的に考える」と説明です。

☆ 市民活動を会員と共に1年間続け、市政の身勝手な対応は驚くばかりです。

 市民に情報の隠ぺい化は常態化しています。市民には秘密で市政運営です。

2. 市政の施設計画の実態

① 市役所を組織分割しリース建設。現庁舎を耐震化すれば「17億円」。これを、市の

 組織を分割して「リース建設・33億円」。つまり倍額の建設で、リース期限は20年!

 ⇒ 本当に「将来的・総合的」に、リース・20年・狭小建設は、正解でしょうか?

 ② 高浜小をPFI建設に決定。高小の父兄限定で「37億円」と説明。一か月後、市議会で金額訂正し「施設3件除外-53億円」。市民説明無しで、市政クラブが了解すれば良し。

● 学校単独であれば「27億円」。市役所同様、二倍の建設費を発注予定。さらに15年間も小学校の維持管理で1億円超の業務委託。これも建設会社は大喜び案件です。

高浜施設は、倍額の建設工事を発注する計画です。将来より目前計画も不可解です。

公共施設事業300億円の不可解 

高浜市の公共施設計画では、今後、30年間で約300億円の施設建設計画を発表しました。小・中学校を複合施設化の計画です。その建て方が不可解です。

● まずは、各学校の大規模改修を実施「計80億円」。その後「13~16年後」に「解体- 建替え・120億円」。これでは、血税を無駄にする「もったいない」計画なのです。

このように、中央公民館より「短期に改修-解体-建替え」計画を、「将来像を含め総合的に考える」とする市政は「市民への説明責任を省き」、建設強行は暴政です。

☆財源効果を将来的・総合的に考えたら「施設寿命の長期化」を図るのが道理です。

 この道理を逸脱される市政施策を理解出来ないのは当然の市民感情です!

⇒ このままでは『たかはま・あぶない』は現実化します!!

  後世の市民を借金返済の道具とする市政は異常です!

  今、止めるチャンスです! 

 「住民投票- 反対に〇」です!! 

    高浜の未来に向けて!!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp