読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

中央公民館を解体早期化の理由 (その2)

 ● 思い起こすと矛盾の説明でした。易しく解説します。くどくてすいません。

なぜ、中央公民館だけ「早期解体なのか?」

市の説明は「早く壊した方が安い」「20年間維持で10億円も掛かる」。

 (*10億円=平均単価×面積で算出⇒積算見積でなく目安。実は総務省30年維持の概算) 

なぜ、他の施設は早期解体しないのか? 

理由の説明はありません。

高浜小学校の複合化計画 

f:id:t2521:20161122105838j:plain

 (*資料出典:  高浜市HP ⇒ 公共施設のあり方検討について   ) 

1. 不可解な施設計画 

(1)  中央公民館だけ解体早期化 

 H28.11. 理由判明!  「商工会」の土地の使用期限がH29.3.31に切れるため、この期限前に「商工会」に移転補償を提供のため、中公解体を早期化し議決を画策。 (H28.6)

    前号に記載のように、来年3月を待てば、商工会は自費で「解体⊕撤去⊕移転」。この補償議決により、解体は市負担⊕移転補償約7千万円⊕新事務所建設約6千万円補助予定と自己負担から真逆の補助議決を獲得したのです。上手くできた構図です。血税は大損!

 (*ちなみに施設計画幹部は、現在、当該団体に退職と同時に異動されています)    

この補償を得て「エコハウス」に移転です。今度の入居費も、まさか月1万円継続か?   

商工会に補助議決のため「中央公民館・早期解体」は「資産価値7億円」を廃棄となり「もったいない!!」

  (*H27年度・中公利用者は延7万人。高小完成までの4~5年間は会場探しに奔走です)

   (*高浜の公共施設は私物化同然の事態となっています。借金返済は後世の市民に負わせる方針です)  

(2)  高小⊕幼稚園の 建設費 53億円

 今年2月、高浜小の父兄限定の説明会では「複合化-37億円」と説明。これが市民説明された最後の建設費です。しかし、今年3月には、幼稚園を合わせ「53億円」。市民説明はありません。市は「HPにて公開済み」と言い訳されるでしょう?  複合効果が全く無い施設建設を強引に推進される理由は、まだ何か隠されているような気がします。

・建設費53億円は、翼小学校校舎の三倍超 !!

 (*単独建設より高額な複合PFI建設は血税の浪費です。子供に借金返済の負担です) 

PFI 建設は、借金返済の平準化と説明ですが…

    (*支払計画 → H31-23億円.H32-14億円。H33年-5千万円。平準効果はありません)

施設規模が大型化し、工事期間は4年の長期化! 

  (*児童は、工事現場で4年間も授業です!  劣悪な環境で集中力は低下では? )

・駐車場を増設のため「プール廃止!」

・小学校の維持費に年1億円超×15年間は異常です !

・体育館の音響効果は「ガマンしてください!」??

高浜小複合化は「誰に」「何が」「効果」か不明です!!

  (*市民に見えるメリットは見当たりません!) 

市や、議員さんに 『説明責任』を求めましょう!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp