読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

施設建設計画のあり方

高浜市の施設建設計画  

● 市は、高浜小学校の建替えを第一歩として学校群等の縮充建設、約300億円事業(下記資料)を進めようとされています ⇒ 「施設あり方プラン」をご覧ください。 

(*この資料は昨年版。市は最新の総括版は公開されず各施設毎に限定。この情報隠蔽体質も問題です!) 

f:id:t2521:20161124210707j:plain

2. 施設計画推進プランの問題点  (市財政にとって巨額事業です。理解尽くしたいと思います)

 ① 高浜小の建替え計画費用を、H27年は「3,730百万円」。H28年になると142%増の「5,310百万円」と粗っぽい見積は信頼感を失います。

高小建設構想を、市民に説明されず建設推進を強行は横暴です

   (*複合化効果は疑問です。児童の安全確保は首長の責務です)

● 建設方式としてPFI建設とされた根拠が不透明です。有効性が見えません。

 (*支払い平準化の説明は虚偽説明と判明しました。市民にウソをついて強行推進?!)

複合化施設の対象選択は、市側で一方的に審議され独断で決定

● 市民や町内会・まちづくり協議会等々に説明され要望確認も図られるべきでは? 

③ 学校建設の進め方を小・中学校を合わせて考えると「大規模改修-87億円」を実施し、概ね15年後に「建替え-121億円」という構想です。

●「大規模改修」後は、毎年6億円弱を廃棄換算となり費用対効果を考えると浪費(無駄遣い)ではないでしょうか?(*87億円÷15年≒5.8億円/年)

④ 市民にとって不安なのは、財源の支払い能力が全く見えないのです。

●「後世の市民が払ってくれるから大丈夫」と言われても承服しがたい説明です。

● 他市の例では「施設建設準備金」にて事前に基金を確保して施設建設されるケースが多いのではないでしょうか? 

⇒ 「施設計画」と「財源確保」を両立して市民説明の上 

  計画推進「施設建設のあり方」と思います。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp